« 愛宕山・かわらけ投げ…と言えば… | トップページ | マリリン・バーンズ著『考える練習をしよう(普及版)』 »

マリリン・バーンズ著『考える練習をしよう』より

160512 問題にあたるとき,何らかの情報がすでにきみのなかに入ってしまっているんだ。その情報とは,きみの頭のなかにつまっていたものだ。もし問題が解決できないとしたら,きみの情報そのものが,頭の中に壁を作っちゃってるのかもしれない。

 どうして先入観を持ってしまうのか? それは,考えるときにはつきものだ。自分がどんな先入観を持っているか,ちゃんとわきまえていれば,落とし穴を避けることもできる。

(本書57ページより)

|

« 愛宕山・かわらけ投げ…と言えば… | トップページ | マリリン・バーンズ著『考える練習をしよう(普及版)』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63667159

この記事へのトラックバック一覧です: マリリン・バーンズ著『考える練習をしよう』より:

« 愛宕山・かわらけ投げ…と言えば… | トップページ | マリリン・バーンズ著『考える練習をしよう(普及版)』 »