« 木村泰子著『「みんなの学校」が教えてくれたこと』 | トップページ | l黒豆 うまい »

禄剛崎灯台にある方位盤

160515 能登半島の先端にある禄剛崎灯台。朝の連ドラ「まれ」で,タイトルのオープニングを飾っていたのが,この灯台への海からのカメラアングルでした。そこで,最近は,観光客も戻ってきているようです。
 今月の中頃にこの灯台のある台地(海岸段丘だね)で「たこあげ大会」が行われました。記念すべき第30回大会です。
 1年ぶりに私もこの灯台台地に行ったところ,写真のような方位盤が埋められていることに気づきました。
 この方位盤には,各方位に,世界のいろいろな都市の名前が書かれています。本当かななんて思いながら見ていました。
 北:サハリン,北東:アンカレッジ,東:ニューヨーク,南東:リオデジャネイロ,南:メルボルン…というような具合です。

|

« 木村泰子著『「みんなの学校」が教えてくれたこと』 | トップページ | l黒豆 うまい »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63705975

この記事へのトラックバック一覧です: 禄剛崎灯台にある方位盤:

« 木村泰子著『「みんなの学校」が教えてくれたこと』 | トップページ | l黒豆 うまい »