« 道の駅「宙(そら)」 | トップページ | 穂高神社 »

お食い初め

 生後100日で,「お食い初め」という儀式をすることは,自分の娘のときにやったので知っていた。
 娘のときには,タイなどを焼いて,食卓に並べた覚えがある。そしていつもよりも酒が飲める日なので,わたしにとっては,2重にうれしい日であった。
 今回,「孫のお食い初めをする」ということで,「娘は,自宅で何か作るのかなあ」と思って遠くまで出かけた。

160429 アパートについて聞いたところ,「料理屋で準備がしてある」という。
 行ってみると,ちゃんと赤ちゃん用の御膳が準備してあって,「歯固めの石」まで置かれていた(もっとも,この歯固めの石は,近くの園芸店で買ってきたので,御利益はない(^^;;と,お店の人自らが言っていた。本来は,お宮参りのときにいただいてくるらしい)。
 ま,少し儀式をした後は,おっぱいを飲んで寝てもらった。
 あとは,いつもの飲み会。美味しいお酒をいただいた。
 それにしても…である。
 こういう子ども向けというか,暦に関係する儀式は,年年派手になっているのではないか。だいたい,「女のお孫サンだから,おじいさまが先ず箸をとって…」などということは,全く知らない。ましてや「歯固めの石」などというのも知らない。ネットで調べてみると,御膳の色まで男女で決まっているようなことが書かれている。若夫婦たちは,こういう情報を得ながら,自分たちが親からしてもらった以上の事をしているような気がする。
 そういえば,「恵方巻き」の話だって,私が子どもの頃には,近所の大人の誰も知らなかったのではないか。ネットとコンビニのお陰で,最近は,子どもの方がよく知っている。

 「時代が進めば物事を科学的を考えるようになる」なんてことはない。やはり,科学的な思考法は,学校でしっかり教えるべき何だろうなあと思う。
 遊びやイベントで,「歯固めの石」や「運気の方角」とつきあうのはいいが,これに囚われて自分の行動を規定されるようでは,あぶないからなあ。
 そんなことを考えさせられた,孫のお食い初めだった。

|

« 道の駅「宙(そら)」 | トップページ | 穂高神社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63592665

この記事へのトラックバック一覧です: お食い初め:

« 道の駅「宙(そら)」 | トップページ | 穂高神社 »