« 早朝の「ちひろ美術館」 | トップページ | 安曇野ちひろ美術館 »

黒柳徹子著『絵本 窓ぎわのトットちゃん』

 トットちゃんの本は,持っているんだけど,大きな絵本版を見つけて買っちゃいました。
 いわさきちひろの絵が大きく載っていること,文章が短くなっていて,子どもに読み聞かせしやすいことなどを考えてのことです。
 この絵本は,とても丁寧に作られています。なにせ,ちひろの絵が大きく載っているページには,ページ数が打ってないんです。これって,すごい配慮です。
 原作もそうですが,このちひろの絵は,「トットちゃん」の出版に合わせて書かれたものではありません。原作が書かれた頃は,すでにちひろは亡くなっていました。作者の黒柳さんの強い希望で,息子の猛さんが,文章に合う絵を選んでくださって,本ができあがったそうです。
 この絵本版を見ると,いわさきちひろの絵の力が,ぐいぐいと伝わってくるようです。
 いい本ですよ。
 原作をもっている方も,是非,手にとって頂きたいと思います。

|

« 早朝の「ちひろ美術館」 | トップページ | 安曇野ちひろ美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63351137

この記事へのトラックバック一覧です: 黒柳徹子著『絵本 窓ぎわのトットちゃん』:

« 早朝の「ちひろ美術館」 | トップページ | 安曇野ちひろ美術館 »