« あと隠さないの雪・その2 | トップページ | 圧巻! 船乗りが撮った写真 »

チェン・ジャンホン著『ウェン王子とトラ』

 中国は殷の時代にあった青銅製の酉と呼ばれる置物をヒントにして,チェン・ジャンホンが書いた創作物語。
 子どもをころされた虎が,復習に燃え,村を襲います。占い師によると,王子を差し出すことで,その怒りはおさまるだろうと…そして,王子をおそうこともないだろう…。王様は,それを信じて王子を虎に差し出します。
 虎の前でさえ,陽気に振る舞う王子を見て,虎は自分の子どもと重ね合わせるようになり,一生懸命,虎としての教育を始めるのです。
 なんとなく,キングコングの物語にも似ていますが,終末の素晴らしさは,この絵本ならではでしょう。
 これ以上書くとネタバレになるので,この辺で…。
 中学年の子どもたちに読んであげましたが,真剣に聞いてくれました。
 なかなかしっとりとくる絵本でした。
 そうそう,絵も迫力があります。1ページにコマ割りしてあったりして,ちょっと変わった感じがします。

160219 その青銅製の置物は「雌(め)トラ」と呼ばれているそうです。本書の解説に書かれていました。

|

« あと隠さないの雪・その2 | トップページ | 圧巻! 船乗りが撮った写真 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63242273

この記事へのトラックバック一覧です: チェン・ジャンホン著『ウェン王子とトラ』:

« あと隠さないの雪・その2 | トップページ | 圧巻! 船乗りが撮った写真 »