« チョウチンアンコウの提灯か? | トップページ | 氷酢酸と言うだけある… »

迫力の書

160110_01 明治神宮に行った際,神社の回廊に,全国各地から集まってきた書き初めの書が飾られていました。その文字にビックリ。これぞ書き初め!!という感じで,まさに,新年への気迫や清々しさが伝わってきました。
 小学校1年生のとてものびのびとしたなひらがな。用紙いっぱいに書かれた力強い文字。太い筆の扱い方にも慣れているし,1まいの紙を有効に使った文字の配置にも脱帽です。ほんと,うまい子がいるものですね。
160110_02 小学校の教科書のお手本を見ても,ここまで文字は太く書かれていません。やっぱ,太く書いた方がいい。とりあえず,「太く書こう」っていおうっと。

|

« チョウチンアンコウの提灯か? | トップページ | 氷酢酸と言うだけある… »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63074311

この記事へのトラックバック一覧です: 迫力の書:

« チョウチンアンコウの提灯か? | トップページ | 氷酢酸と言うだけある… »