« 北野武著『新しい道徳「いいことすると気持ちがいいのはなぜか」』 | トップページ | ドリアン助川著『あん』 »

馬場のぼる著『11ぴきのねこ ふくろのなか』

 「11ぴきのねこ」シリーズでも,なかなか面白い一冊です。今日の読み聞かせに読んであげました。うちの学校では,ときどき,級外の先生による読み聞かせがあるんです。この本は,低学年の子どもたちにピッタリのお話です。

 低学年に読み聞かせをしました。
 立て札に書いてある注意を守らなかったために,ついには,化け物に生け捕りにされるねこたち。ねこたちは,機転を利かせて脱出します。が,しかし,また,立て札に注意書きが…。
 教訓じみた話であることは確かですが,ねこの行動に対して「ついつい,俺たちもそうやっちゃいそうだよなあ」っていうねこへの共感があったりして,面白かったです。

|

« 北野武著『新しい道徳「いいことすると気持ちがいいのはなぜか」』 | トップページ | ドリアン助川著『あん』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63103871

この記事へのトラックバック一覧です: 馬場のぼる著『11ぴきのねこ ふくろのなか』:

« 北野武著『新しい道徳「いいことすると気持ちがいいのはなぜか」』 | トップページ | ドリアン助川著『あん』 »