« 迫力の書 | トップページ | 益川敏英著『科学者は戦争で何をしたか』 »

氷酢酸と言うだけある…

160114 実験で「酢酸」を使おうと,前日に薬品棚を覗いたら,写真のように凍っていた。考えて見ると,酢酸の融点は17度くらいだから,無理もない。氷酢酸という名称も,室温で凍ることがあるからきたものだろう。
 ところが,昨年,凍らせてみせるために試験管に取っておいた酢酸の方は全く凍っていない。ゴム栓はずっとしておいたのに…。ためしに,一晩冷蔵庫に入れておいたが,やはり凍っていなかった。いつのまにか不純物が混ざったのだろうか。私の知識では,原因不明。
 職員室に置いて帰ったが,殆どとけていなかったので,暖房のところに置いて,なんとか1限めの授業に間に合った。

|

« 迫力の書 | トップページ | 益川敏英著『科学者は戦争で何をしたか』 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

ハイスコアさん
コメントありがとうございます。
酢酸のニオイはそれなりにしましたが,キョウレツではなかったかも知れません。今から思えば,金属などを入れて,反応を見ればよかったです。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2016年1月22日 (金) 21:15

ほほーっ、あまり酢酸を使ったことが無いので17℃で凍るとは知りませんでした。
ゴム栓がしてあったのなら、酢酸が蒸発してしまったとは考えにくいですが。酢のにおいはしましたか?においがしなければやっぱり蒸発じゃないかな。でも水が蒸発していないのに酢酸だけ蒸発するのはおかしいですね。うーん。

投稿: ハイスコア80 | 2016年1月17日 (日) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63080021

この記事へのトラックバック一覧です: 氷酢酸と言うだけある…:

« 迫力の書 | トップページ | 益川敏英著『科学者は戦争で何をしたか』 »