« 仏面発見! | トップページ | 井上恭介著『里海資本論』 »

半藤一利著『昭和史 戦後篇』

本書が取り上げている時代は,学校教育では殆どやらないところなので,いちいち面白かった。天皇とマッカーサーとのやりとりなど,「そんなことを知ったところで,今の時代に関係ない」と思っていたが,天皇の戦争責任問題など,確かに,大変重要な問題なんだよなあと再認識した。あのとき,その一歩で,道が違ったかも知れなかったんだなあと感じた次第である。
「新たな戦前がきたのか…」と言われる昨今,半藤さんの『昭和史』2冊を,もう一度じっくり読んで,歴史から学んでいきたい。

|

« 仏面発見! | トップページ | 井上恭介著『里海資本論』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/62968509

この記事へのトラックバック一覧です: 半藤一利著『昭和史 戦後篇』:

« 仏面発見! | トップページ | 井上恭介著『里海資本論』 »