« 永遠の名盤100…Taiking Heads『Remain in Light』 | トップページ | ニュージーランドの新しい国旗 »

シタールの演奏会

151107_01 地元の若者が主催する,シタールの演奏会に行って来ました。昨年も来たらしいのですが,用事があって参加できませんでした。今年は,楽しみにしていました。
 「ボウタリ・コツタリ」という意味がよく分かんないタイトルがついた演奏会でした。
 中身は,めちゃくちゃ即興演奏。その場限りの音が積み重なっていきます。
151107_02 使われていた楽器はシタールと,写真のような自家製で鉄製の鉄琴?(水琴窟にヒントを得たと言うことで作ったそうです) この2つが,電気を通して即興をやるから,頭が変になりそうな人もいたのでは…。
 わたしは,もともとこういう挑戦的な音楽は好きなので,リアルに楽しんできました。
 演奏会のあとで,お二人が話した内容が面白かったです。
 「ドレミファソラシ」の音階に囚われない…というのは,そのとおりだなあって思っていましたから。自然界の音は,ドレミファソラシドではできていないですもんね。

|

« 永遠の名盤100…Taiking Heads『Remain in Light』 | トップページ | ニュージーランドの新しい国旗 »

不思議発見」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/62655476

この記事へのトラックバック一覧です: シタールの演奏会:

« 永遠の名盤100…Taiking Heads『Remain in Light』 | トップページ | ニュージーランドの新しい国旗 »