« どんな図書館ができるのかなあ | トップページ | 石が丸く小さくなるわけ実験 »

ノシメトンボ

151005 校庭に弱々しく飛ぶトンボがたくさん飛んでいました。子どもたちが教えてくれました。すぐに捕まえることができるようで,手に持ってくる子もいました。
 持っていたミニ図鑑で調べてみると,羽の模様が「ノシメトンボ」というやつに似ています。羽の先の黒い部分が,ナツアカネやアキアカネよりも多いんです。
 ノシメってどんな意味かと調べてみました。
151005_02 Wikipediaでは,「和名は成虫の腹部の黒い斑紋が熨斗目模様に似ていることに由来する」と書かれていました。熨斗目ってどんな模様かというと,あの贈答品につける飾りですよね。腹部が分かる写真も載せておきます。
 私がみたときには「羽の黒い部分のようす」で判断したのですが,腹部の模様で名前が付いていたんですね。見る人が違うと,違う部分に目が行くと言うことでしょうか。たしかに,羽の部分の模様だけでは,他にも似ている種がいるようです。

|

« どんな図書館ができるのかなあ | トップページ | 石が丸く小さくなるわけ実験 »

能登の動物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/62459029

この記事へのトラックバック一覧です: ノシメトンボ:

« どんな図書館ができるのかなあ | トップページ | 石が丸く小さくなるわけ実験 »