« 虹と雨 | トップページ | 3Dプリンターで作られた内臓模型 »

幻日と環天頂アーク

151015_01 放課後,職員室で仕事をしていると,5年生の女の子が来て,「先生,真ん中しかない虹がある」と言いに来ました。外は,霧雨が降っているふうでもなく,虹なんて不思議だなあと思いながら,外に出てみると,天頂を指さして「さっきまで,ここに出ていたのに,なくなった」と言うではありませんか。16時を回っていたので,太陽は西の空にありました。
 そのうち,うっすらと姿を現したのは,なんとも変な形の虹でした。
 それに加えて,太陽の右の方にも,なにやら,変わった虹色の部分が見えます。
151015_02 子どもたちは,この空の虹色のショーに興奮気味。私も一緒に興奮。ついでに,自転車で通りかかったおばさんにも一緒に見てもらいました。
 なんとなく,本で見たことがあったので,早速,理科室へ。
 ありましたありました。
 天頂にできていたのは「環天頂アーク」と呼ばれる現象で,逆さ虹ともいいます。151015_03また,夕日の横にできていたのは幻日と呼ばれる現象です。
 これらは,いずれも,いわゆる虹ではなく,氷の結晶(六角柱)に光が屈折されてできる現象だそうです。太陽の高度が低いときに,巻雲などが出ているとできるようです。いやー貴重な物を見たわ。

|

« 虹と雨 | トップページ | 3Dプリンターで作られた内臓模型 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/62510065

この記事へのトラックバック一覧です: 幻日と環天頂アーク:

« 虹と雨 | トップページ | 3Dプリンターで作られた内臓模型 »