« 「さざれ石」を科学の目で見ると… | トップページ | 長谷寺 »

吉田満著『戦艦大和ノ最期』

よくもまあ,当時のことをこれだけ詳しく書けるものだ…と感心した。こういう本があることは知っていたが,「今さら読んでもなあ」と思い,敬遠してきた。が,最近,政治の動向がきな臭くなってきたので,なんとなく,こういうものにも触手が動くようになったのだ。

最後の解説は鶴見俊輔氏が書いている。

大和の特攻は,ムダなのか…オレらの死の意味はなんなのか…艦船上で悶々とする兵士たち。「負けて目ざめることが最上の道だ」とは,自分達の死を意味づける究極の言葉だ。「日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じじゃないか」
もっと前に,降伏していれば,大和の死もなかったのに…。

全編文語体で書かれている本書から伝わってくるのは,戦場の姿だs。

所詮,「戦う」とは,こういう姿が現れるってことなんです。

|

« 「さざれ石」を科学の目で見ると… | トップページ | 長谷寺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/62072547

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田満著『戦艦大和ノ最期』:

« 「さざれ石」を科学の目で見ると… | トップページ | 長谷寺 »