« 簡単カメラで青写真 | トップページ | MROで放映されます »

今年も初任の教え子に再会

150821 KITサマーサイエンススクールの会場で,今年も,教え子に会った。というか,講座が終わったら会いに来てくれたのだ。
 この子は,私が片山津小学校で初任として赴任したとき担任したときのメンバーの一人だ。一番下の子は,小学六年生の女の子。だから,KITに参加するのも,今年で最後ということになる。
 KITのことは,年賀状で私が知らせてから,ずっと来ていると言っていた。

 今回は,珍しく,小学校時代の話をしてくれた。
「先生,今になって,《生類憐みの令》とかの意味が分かるわ~」
なんて,言ってくれた。
 「生類憐みの令」とは,将軍綱吉が出したものとして有名だが,この法令を扱った授業書《生類憐みの令》は,「いくら善意であっても,押しつけるととんでもないことになる」ということをたのしく学べるようになっている。当時,五年生だった子たちと,道徳の時間に大いに議論したことをよく覚えている。
 この子たちが,いろんな授業書を喜んで受け入れてくれたから,私は,安心して仮説実験授業lを軸とした教師生活を始めることができたのだった。
 昨今の学力を巡る現場を見ていると,まさに「子どもたちに学力をつけるためなら」という教師の善意で学校が動いているのがよく分かる。そのために,子どもたちの自由時間を奪い,家庭生活にもゆとりがなくなってきていて,かわいそうなくらいだ。
 私が子供の頃は,もっとゆったりと,遊びまくっていた。それで大人になったんだけど,それじゃあ,ダメなのだろうか。そんな根本的なことも,考えさせられた,教え子との再会だった。

|

« 簡単カメラで青写真 | トップページ | MROで放映されます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/62189110

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も初任の教え子に再会:

« 簡単カメラで青写真 | トップページ | MROで放映されます »