« 10年ぶりの千里浜ドライブウェー | トップページ | 仮説実験授業全国大会① »

道路から聞こえる「希空」

150722 もう,能登の人には有名になったことだけど,これから,車で能登を訪れる人のための情報を!
 のと里山海道の下り線,別所岳SAを過ぎたあたりに,写真のような看板が現れます。車内の音楽を消して,時速70キロで走行すると,朝ドラ「希」の主題歌が車内に聞こえてきます。「聞こえてきたら,どうなんだ!」って言われても困ります。なんとなく,うれしくなるだけです。
 ただ,どうして,こんな風に音の高低を作っているのかは,気になると思います。
 これは,メロディーロードと呼ばれていて,特許も取っているようです。全国では,何カ所もあるとか。
 道路につけた傷とタイヤとの摩擦でできた振動が,音になって聞こえてくるんだと思います。
 とくに「知っている曲」だと,聞き手がその曲だと思って聞いているので,少々の雑音は気にならなくなるようです。正確には,前のタイヤと後ろのタイヤでは違う溝を走ることもあるわけですが,それは脳がちゃんと処理しているとか…これは,カクテルパーティー効果と呼ばれているらしい。
 どうです,ただの観光案内じゃなくなりましたね。

 今までにも,カーブの前や橋の手前になると,溝が掘られていて,急にタイヤからの音が変化する場所がありました。また,反対車線にはみ出そうとすると,大きな音が出る道路もあります。このメロディーロードは,その応用編ってことになるんでしょうね。
 

|

« 10年ぶりの千里浜ドライブウェー | トップページ | 仮説実験授業全国大会① »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61958671

この記事へのトラックバック一覧です: 道路から聞こえる「希空」:

« 10年ぶりの千里浜ドライブウェー | トップページ | 仮説実験授業全国大会① »