« 産卵に訪れたメス | トップページ | ヒラメの水槽に黒い板を沈めてみると »

一本足のゴイサギ

150622 川のそばの家の屋根に,いつも立っているゴイサギがいます。よくみると1本足。仮説実験授業の授業書《足はなんぼん》に,鳥が1本足で立っている図が出てきますが,まさに,その形です。よくこれで倒れないものだ…と思います。
 子どもの頃,家で飼っていた文鳥やセキセイインコやジュウシマツなども,止まり木にとまって寝ているときには,よく片足立ちをしていたように記憶しています。
 ものの解説によると,鳥は足から体温を奪われるので,その体温維持のために,1本を羽毛の中に隠すのだそうです。あんなに細い足から体温が奪われるなんて…とも思いますが,考えて見ると,むき出しになっているのは足とクチバシですからね。そういえば,クチバシも羽毛の中に入れて寝ている場合もありますね。

|

« 産卵に訪れたメス | トップページ | ヒラメの水槽に黒い板を沈めてみると »

能登の動物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61799818

この記事へのトラックバック一覧です: 一本足のゴイサギ:

« 産卵に訪れたメス | トップページ | ヒラメの水槽に黒い板を沈めてみると »