« 子カマキリがたくさん! | トップページ | 夏目漱石『門』 »

遠山啓著『量とはなにかⅠ』

かつて,数学教育協議会が,基礎的な計算体系である「水道方式」と並んで打ち立てたのが「量を大切にした」指導でした。
これは,今の教科書に反映している気がします。まだまだ不十分とは言え,いろんな会社の教科書のあちこちに,量を大切にした指導が見られますからね。以前は,そうじゃなかった!
本書では,そんな量に対する基本的な考え方を学ぶことができます(とくに前半部分は,若者教員に読んでほしい)。
後半の話は,微分積分にまで広がっていきます。私は,今じゃ,学力的にちょっとついて行けない部分もありましたが,「小・中学校での学習が,こういうところにつながるのだ」ということは,知っておいていいでしょう。
高校3年生の時,物理の受験参考書を見て,「運動方程式を使って,微分積分を教えてくれれば,公式を覚える数が減るのに」と思ったことを思い出しました。
遠山さんも,「微分積分は力学で導入した方がいい」といっています。
もともと微分積分学を考え出したのは,ニュートンだから当たり前ですがね。

|

« 子カマキリがたくさん! | トップページ | 夏目漱石『門』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61737190

この記事へのトラックバック一覧です: 遠山啓著『量とはなにかⅠ』:

« 子カマキリがたくさん! | トップページ | 夏目漱石『門』 »