« 足まで模様がついているシジミチョウ | トップページ | アオスジアゲハ »

大東亜聖戦大碑

150616_01 日曜日の平和フィールドワークで訪問した場所。
 石川護国神社の隣の石川県の敷地に「大東亜聖戦大碑」が建てられているのは知っていた。先の戦争で亡くなった人を祀ろうと言うわけだ。もちろん,「先の戦争は間違っていなかった」という発想の元で計画されたもの。今の政治の流れと同じだ。
 この碑の裏側に回ると,この碑に関係のある人や団体名が刻まれている。いずれも建立に当たっての支援者らしいが,「こりゃ,ありえんだろう」という団体の名前もあった。それも殆どど真ん中に…。
 ひめゆり学徒隊,鉄血勤王隊の名前だ。
150616_02 どうも,勝手に刻んだらしい。あとからつけ加えられたというパネルには,「さらに我々として敬仰顕彰したい部隊名や氏名も追加して掲げた。平成十三年八月五日」と書かれていた。
 これじゃあ,靖国と同じだ。個人の思想も宗教もあったもんじゃない。
 碑の横に新調された石版には,さらに驚くことが堂々と刻まれていた。
「日本にはかつて軍国主義も植民地支配もない それを解放した歴史がある」ではじまる文章だ。「かつての日本はアジアに輝く太陽の如き存在であった この戦ひで歴史を貫く日本民族の世界史的使命が達成され 万邦共栄・八紘為宇への道が拓かれたのである」
 県都金沢のど真ん中に,こんな碑が建っているって,恥ずかしい限りです。
 反面教師として,この圧倒的な碑を一度ご覧下さい。

|

« 足まで模様がついているシジミチョウ | トップページ | アオスジアゲハ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61758348

この記事へのトラックバック一覧です: 大東亜聖戦大碑:

« 足まで模様がついているシジミチョウ | トップページ | アオスジアゲハ »