« 信濃の人,本田善光 | トップページ | 諏訪大社の御柱 »

善光寺と地震

150504_03 善光寺には,地震の爪痕も残っています。
 1847年5月8日,善光寺地震と呼ばれる地震が起きました。この時,たくさんの家が倒壊したようです。また,この年は,今年のようにちょうど御開帳の時で,全国から大勢の人が訪れていたといいます。この地震で落下した鐘(今ぶら下がっているのは新しいヤツ)で,本堂に向かって左側の柱に傷がついています(写真の○印の部分。この写真は2012年3月に訪れたとき撮影)。
 また,この間も,長野北部に大きな地震がありました。そのときも,たくさんの灯籠が倒れたそうです。150504_02うちの娘がこの間来たときには,まだ,いくつもの灯籠が倒れたままだったそうです。さすがに御開帳を前にして,緊急に修理したようです。
 山門の入場券を確認していたおじさんに聞いたところ,寄進者と連絡が取れなくて,まだ修理しきれない灯籠がたくさんあって,いちおう,山の上に置いてあるそうです。

|

« 信濃の人,本田善光 | トップページ | 諏訪大社の御柱 »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61554090

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺と地震:

« 信濃の人,本田善光 | トップページ | 諏訪大社の御柱 »