« 今朝の海 | トップページ | 富塚清著『科学日本の建設』 »

ヘチマのタネ

150122 今日は,ヘチマの実からタネを取り出しました。
 今年は,昨年とは違う場所に植えたのがよかったのかわかりませんが,ヘチマが凄く育って,大きな実がたくさんできました。
 昨年12月には雪が降ってきたので,あわてて全部抜いちゃったのですが,ちょっともったいなかったかなあ。
 教科書では,ヘチマが全部枯れるまで育ててみることになっているんですが,それはなかなかできなんいんですよね。本当は,「来年の春(初夏?)に,根っこから芽が出てくるか」までやってみないといけないんですが,見た目がかっこうわるくて…抜いてしまう学校ばかりだと思います。
150122_02 4年生の知識としては「ヘチマは,根・茎・葉は枯れてしまう」「その代わり,タネになって残っている」というのを勉強するんです。そのためには,「根が枯れている」という証拠を出さないといけないのですが…引き抜いたときには,根もまだまだ元気だし…(^^;;
 宿根草とちがって根が死んでしまっているというのを見せるには,ずっと,そのまま放置しておくしかないんですが…。
 緑色のときにとった実もあったので,タワシも作っています。タワシを作るタイミングって,よく分かんないんですが…。

|

« 今朝の海 | トップページ | 富塚清著『科学日本の建設』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61038452

この記事へのトラックバック一覧です: ヘチマのタネ:

« 今朝の海 | トップページ | 富塚清著『科学日本の建設』 »