« ブナオ山観察舎でサルと遭遇 | トップページ | イヌワシの卵 »

剥製も迫力があった

150129_01_2 ブナオ山観察舎での話の続き。
 いろんな動物の頭蓋骨などに混じって,大きな鳥の剥製も飾られていました。
 キジは知っていたけど,ヤマドリなんてこんなんだったんだ。
 「山鳥の長々し夜をひとりかもねむ」なんてのがあったけど,キジよりは長そうだけど,思っていたより短い? 私は勝手に,にわとりの仲間のあの尾っぽの長ーいヤツをイメージしていました。
150129_02_2 イヌワシやオオタカは,でかかった。こんなのに頭を捕まれたら,脳みそ食べられてしまいそう。怖い!

 ブナオ山観察舎のサイトはこちらです。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hakusan/bunao/

|

« ブナオ山観察舎でサルと遭遇 | トップページ | イヌワシの卵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61059228

この記事へのトラックバック一覧です: 剥製も迫力があった:

« ブナオ山観察舎でサルと遭遇 | トップページ | イヌワシの卵 »