« 「ジグソー活動」を取り入れてみました | トップページ | 子どもの目 »

サークルでした。

 土曜日は,月に1度のサークルの日でした。
 今月の参加者は,5名。
 3学期が始まって,まだ1週間くらいしか経っていないので,あまりリアルタイムの授業実践の話は出ませんでしたが,それでも,ちゃんと話題はありました。
 わたしは,昨日のブログで紹介した「ジグソー活動」と,氷見での「ご苦労さん会」から学んだことなどをまとめていきました。
 サークルがあると思うと,少なくとも月に1度は,自分のやってきたことを,<ある視点>でまとめてみることになります。これがいいんですよね。

 十数年前から,官制の研修会があるたびに「何かレポート1まいまとめて持ってこい」みたいなことがよくあります。
 おそらく主催者側の発想としては,「そうでもしないと,現場の教師は,全く勉強していない」みたいな感覚があるようです。それで,みなさん,いやいや書いてくるのですが,そんないやいや書いたものの中に,他の人にとって価値ある物なんてあまりないじゃないですか(あるときもあります)。だいたいが,一人一人のレポートを検討したり交流したりする時間さえもないんです。「配って,ハイ,終わり!」ってことも多いのです。こんな失礼な対応はない(ま,無理矢理なので,その方がいいと思っている方も多い。私もその一人。反応もない人たちのためにレポートなんて書きたくない)。
 その分,教研集会などでの自主的なレポートが減っています。おそらく,自主的に書くことが面倒になってきたんですよね。これって,教師の姿勢として,本末転倒だと思いませんか?
「こんな実践をしたら,子どもたちが喜んだよ」ってことを,嬉々として持ち寄ってこそ,たのしい授業の輪が広がり,子どもたちの笑顔も広がると思うんですがねえ。
 それが,お上にはわかんないんだよなあ。
 
 

|

« 「ジグソー活動」を取り入れてみました | トップページ | 子どもの目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/61005196

この記事へのトラックバック一覧です: サークルでした。:

« 「ジグソー活動」を取り入れてみました | トップページ | 子どもの目 »