« 2015日めくりカレンダー「星ごよみ」 | トップページ | 「小柴昌俊先生講演会」だったが… »

太陽系縮尺ポスター

141224 太陽系縮尺ポスターは180㎝もあります。長いです。
 太陽や惑星の大きさは20億分の1の縮尺で書いてあります。太陽から惑星までの距離の縮尺は約3兆7500億分の1です。1天文単位(1AU)が約4㎝くらいです。太陽表面の黒点も描かれていて,それを地球との大きさくらべもできます。
 各惑星の衛星も描かれています。こっちの方は,見やすくするために5億分の1の縮尺だそうです。
 冥王星の更に外側にあるハウメア,マケマケなんていう太陽系外縁天体まで描かれています。
  監修は,藤井旭,星の手帖社からの提供です。
 これ,きれいな画像ですが,宇宙空間の広さを感じるためには,有効じゃないです。宇宙空間の広さを感じるためには,やはり,天体の大きさと太陽からの距離を同じ縮尺にして,地図上に置くのが一番ですね。
141224_02 そんな展示をしてあった科学館もありました。
 たとえば,右の写真は,長野大町市にある大町エネルギー博物館の展示です。
 大きな惑星模型の前になにやら同心円が描かれた地図(用紙)が見えると思います。エネルギー博物館に,半径170㎝の太陽(黄色いビニール)があるとすると,これらの惑星はどのあたりを動いているのかというのを示してあるわけです。
 仮説実験授業《宇宙への道》にも,学校を中心とした太陽系模型が出てきます。久しぶりに授業をしたくなったなあ。

|

« 2015日めくりカレンダー「星ごよみ」 | トップページ | 「小柴昌俊先生講演会」だったが… »

授業のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60874371

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系縮尺ポスター:

« 2015日めくりカレンダー「星ごよみ」 | トップページ | 「小柴昌俊先生講演会」だったが… »