« 雑誌『教育』より | トップページ | オリオンやら昴がはっきり見えているのに… »

この時は,期待したのに,裏切るから…

141215 昨日,本棚を整とんしていたら,皮肉にも,09年8月31日の新聞が出てきました。
 この時は,国民みんなが,あまりにも民主党に期待しすぎたなあって思います。色んな問題がすぐに解決するような気分をもっていたんじゃないかな。
 それにしても,戦後最低の投票率だった今回とは違い,この時は,70%近くあったようです。それだけ期待したツケは大きかったってことですね。
 でも,このままじゃいけないって,多くの国民は思っているんだけど…。

|

« 雑誌『教育』より | トップページ | オリオンやら昴がはっきり見えているのに… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

不滅かどうかはわかりません。

なにせこの小選挙区制度というのは、非常に揺れが大きく主権者の判断で如何様にもなる制度だからです。


冷静にど真ん中に立てば、左右ともに問題はあります。

例えば、共産党が主張する「消費税中止」は現在のデフレ下において「正しい」と言って良いでしょう。しかし、「公共事業批判」は相変わらず行われており、これでは民間の需要の少ないとりわけ地方に「雇用」を作ることは難しいように思われます。共産党は「正社員」を増やすと述べていますが、そもそも需要の少ない地域にどう需要をつくってゆくかが課題です。
一方の、自民党にも問題はあります。消費増税は延期されましたが、未だに「小さな政府路線」が主流です。これも共産党と同じで、疲弊した地方・需要のない地方には効果のない政策です。
加えて、グローバル化・自由競争の推進は、さらに価格の低下=給与低下を推進することになります。

日本は世界一の資産国家で、政府の借金は自国通貨建てで、デフォルト=破綻の心配はないと財務省が海外に向けて述べているにもかかわらず、左右ともに「国の借金が1000兆円」とくだらないことを述べているのですから、困ってしまいます。

投稿: salir | 2014年12月16日 (火) 23:15

かくして,自民党は,永遠に不滅です!
そして,野党にも,以前,自民党だった人たちがたくさんいたり,自民党よりも右派の人たちもいるという状況になったのであります。

それにしても,民主党に惨敗したときの自民党の得票数は,今回よりも多かったらしいです。これが,政治のマジックですね。

でも,アベになっても,株が反応しないんですね。ま,そんなもんなのかな。

投稿: 管理人 | 2014年12月16日 (火) 20:34

私はこのときから、次の選挙から自民の一強体制になる危惧をもって注意を呼びかけていましたが、悉く無視されました。

まぁ、当然といえば当然の結果とは言えるのですが。


ましてや、与党になるという政党(当時の民主党)が、現在の与党(自民党)よりも甘々な政策を打ち出し、リベラル(?)政党でありながら、小さな政府路線を打ち出す矛盾は、いまみても可笑しな政党だと思います。

これでは、自民くらい、というオチになるのは必然ですし、一寸先は闇の政治の世界でマニフェストという自らを投票アンドロメダと化せる政党を支持できなくなるのは冷静にみれば、ごく普通の感覚だと思います。

投稿: salir | 2014年12月16日 (火) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60816173

この記事へのトラックバック一覧です: この時は,期待したのに,裏切るから…:

« 雑誌『教育』より | トップページ | オリオンやら昴がはっきり見えているのに… »