« 今年もサケの受精卵をもらってきます | トップページ | 生態系に配慮したほ場整備 »

久しぶりの研究授業

141203 12月早々に,久しぶりに研究授業をしました。今回は,外から見に来る先生(指導主事という)は一人,あとは,校内の先生方全員に公開して,事後の研究会があります。
 授業の内容は,6年生と「水溶液の性質とはたらき」。
 長いこと教師をしていますが,この単元の授業をだれか他の人に見てもらうのは初めてです。
 単元の計画は,酸を導入した後,酸を打ち消す物としてアルカリの物質を出していく予定。以前から,科教協でよくやられていたパターンを踏んでいます。
 授業では,酢酸を使った実験をしたのですが,リトマス紙との微妙な反応に,みなさん,頭をひねっていました。おもしろかったです。
 授業は,たのしくできました。
 上の写真は,導入で,「食酢に炭酸カルシウムを入れる実験」をしているところです。

|

« 今年もサケの受精卵をもらってきます | トップページ | 生態系に配慮したほ場整備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60764591

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの研究授業:

« 今年もサケの受精卵をもらってきます | トップページ | 生態系に配慮したほ場整備 »