« 久しぶりの研究授業 | トップページ | 東京から「あえのこと紙芝居」 »

生態系に配慮したほ場整備

141204 この日,金沢の連続通り魔事件?の犯人がつかまっていないとかで,低学年の集団下校について行きました。その帰り道,普段,車でもなかなか通らない道を歩いていると,写真のような看板が目にとまりました。新しそうな看板です。
 看板の解説には,次のようなことが書かれていました。

 県営ほ場整備事情 野々江地区(H17~)では,平成18年に環境に配慮した水路(石積護岸水路,ワンド等)を整備し,金川からの生物のネットワークを確保しました。平成20年のモニタリング調査では,アユ,ウキゴリ,ドジョウ,ゲンゴロウ類,ドブガイ等が確認されました。
 県では,今後も地元と共に生態系に配慮したほ場整備を行うことで,里山の保全に取組んでいきます。

141204_02 この日は強い雨が降っていたので,寄り道せずに帰りましたが,今度,じっくりとこの水路を歩いてみたいと思います。来春には,タモを持って,生きものを捕まえてみたいです。右の写真を見ると水かさが増えているのが分かります。怖いくらいの勢いで流れていました。
 それにしても,こんな近くに,いい教材がありました。なんらかの活用法を考えてみたいです。

|

« 久しぶりの研究授業 | トップページ | 東京から「あえのこと紙芝居」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60765326

この記事へのトラックバック一覧です: 生態系に配慮したほ場整備:

« 久しぶりの研究授業 | トップページ | 東京から「あえのこと紙芝居」 »