« 好きな場所の「断面図」 | トップページ | 雑誌『教育』より »

しめった雪の姿

 能登半島も,結構,雪がふるときはふります。以前は,天気予報で「輪島上空5000メートルに零下30度の寒気団が…」などという言葉が聞かれました。が,最近は,あまり言わなくなりましたね。
141213 ま,とにかく,今朝も予報通り,雪。
 能登に降る雪は,けっこうしめっぽくて,降っている時から重いんです。
 今朝,隣の家の屋根を見てみたら,写真のように,雪が柔らないプラスチックのようになっています。固体か液体かわかんないこの姿が,この地区の雪です。もっと寒くなると,スキー場で見るような雪も降ることもありますが…。
 で,竹などにもべっとりと積もって,枝や幹を折ったりもします。やっかいなんですよね。
 いやな季節が来たものだ。子どもたちは喜んでいますが,ここまでべっとりだと,遊ぶこともできません。

|

« 好きな場所の「断面図」 | トップページ | 雑誌『教育』より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60804245

この記事へのトラックバック一覧です: しめった雪の姿:

« 好きな場所の「断面図」 | トップページ | 雑誌『教育』より »