« 収穫祭での収穫 | トップページ | 小中一貫教育 »

近江神宮で見た本格的な「流鏑馬」

141124_01 11月上旬のミニ旅行の最後の訪問地は,近江神宮です。
 ここへ行くのも、全く予定になかったんです。
 たまたま,湖西線を通って帰ろうと,近江神宮の鳥井の前の道路に通りかかったら,なにやら,参道をはさむようにして,タダならぬ人の列があったんです。まだ,時間は十分あったので,寄ることにしました。流鏑馬ならぬ,野次馬ですね。
141124_02 すると,第26回「流鏑馬」(武田流鎌倉派)がある…と立て看板がありました。騎射までにも,色んな行事があるようです。
 そうこうするうちに,騎射がはじまりました。
 馬は結構すごいスピードで走っていました。的は3カ所に設けられています。的の場所は,1mくらいしか離れていませんが,スピードの出た馬の背の上で,矢を射ったあとに,すぐに弓を構えて,また射るという早業が,なかなか見応えありました。以前,上賀茂神社でも見たような気がしますが,それよりも迫力がありました。
141124_03 コンデジの連続写真で撮ったのですが,上のコマと下のコマは,隣り合っています。白い帽子のお母さんらしき人のカメラが,馬について行っていないことがよく分かります。3枚目の写真は,矢をもらいながら,スタート地点に帰るところです。これはゆったりしていたので,まあまあの写真です。
 いただいた用紙を見ると,午前中に「やぶさめ教養講座」というのを無料でやっていたようで,聞きたかったなあと思いました。昼食も予約すれば,有料観覧席にも優先で入れるようです。11月3日に行うのは,今年までだそうです。来年からは,6月にするという放送が入っていましたので,ご覧になりたい方は,近江神宮のHPで確認してから行かれるといいと思います。
141124_04 流鏑馬が終わってから,境内を一回りしてきました。
 お神籤が,なんと「ちはやふる」でした。これにはビックリ。こんな所でこの漫画に出会えるとは…。そういえば娘の部屋にも揃っていたなあ。
 あと,帰ってきてから,パンフレットを開いて読むと,境内には,時計博物館があって,そこには古代火時計や漏刻(水時計)の複製もあったって書いてあって,見逃してしまいました。

|

« 収穫祭での収穫 | トップページ | 小中一貫教育 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60712108

この記事へのトラックバック一覧です: 近江神宮で見た本格的な「流鏑馬」:

« 収穫祭での収穫 | トップページ | 小中一貫教育 »