« 環境教育分科会に参加 | トップページ | 新幹線開業記念ビール »

前任校の発表会に参加しました

141020 前任校の発表会に参加しました。テーマは道徳。懐かしい子どもたちに会えて,自己満足。
 今の,「学力!学力!」の教育界に道徳の研究は珍しい…という感じもしますが,安倍政権の動きを見ると,それは間違い。学力偏重と道徳教科化は,表裏一体であることが分かります。

 それにしても,満を持して採用したはずの女性大臣たちが,法律違反すれすれをなんとも思わず続けてきて,しかも,逃げられないと分かると,とんずらを決め込む(キヨシローの言葉)。そんな大人たちが推進している道徳教科化は,聞いていていちゃんちゃらおかしいです。弱いものは黙っていろ。これだけやっても学力のつかないないやつは負け組だから,この道で我慢しろ。社会に文句を言うな。全て自己責任だ!という,世の中を準備して,なにが道徳でしょうか。
 ま,子どもたちは,そんな大人の世の中を知ってか知らずか,しっかりと出された資料と向き合い,しっとりとした授業をしていました。
 記念講演も,道徳の授業づくりについては,それなりに有意義なものでした。が,これも教科化となると,どうなることやら。講師の先生は,「教科化うんぬんについては,私たちは,力がありません。関係ありません。」と言っていました。そんなんでいいの? あんた,学者でしょ。私は,ここにも,原発と同じ,政府がやったことに合わせるだけの御用学者がいたような気がして,寂しく学校を後にしたのでした。
 教科化反対の世論が,もっともっと大きくなることを願っています。道徳性なんて,評価しちゃいかんのです!!

|

« 環境教育分科会に参加 | トップページ | 新幹線開業記念ビール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

世の中はおもしろいもので、そうやって大臣を追い込んだ野党の議員も似たり寄ったりのことをしていてね。

これでは世論も安易な判断は出来かねぬ、というものでしょう。

>> 「教科化うんぬんについては,私たちは,力がありません。関係ありません。」
御託をならべて、「あなたは神様?」というような回答をする先生よりかははるかに真摯な回答だと私は思いますが・・・。


教科化すれば解決するほど、成長過程の子供たちの行動が単純ではないことは百も承知ですが、「ではどうしてゆくのか」ということもセットにして、親御さんとの連携も考えなければ、世論はなかなか「道徳をしっかりすれば良い(多くの問題から抜け出せる)」というマインドから抜け出せないでしょう。

投稿: salir | 2014年10月26日 (日) 21:11

 おっしゃるとおりです。まったくどうなるんでしょうね。

 評価は文章で書くということですから,記述がさらにふえて担任は負担が大きくなりますね。

投稿: kawa | 2014年10月25日 (土) 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60540575

この記事へのトラックバック一覧です: 前任校の発表会に参加しました:

« 環境教育分科会に参加 | トップページ | 新幹線開業記念ビール »