« 太陽の大きな黒点 | トップページ | 二日後の太陽 »

白いニンジン=パースニップ

 昨日,職員室で,「白いニンジン」を見せてくれた同僚がいました。
 近くの知り合いの人が畑で作ったのをいただいたらしいです。
 生で食ってみましたが,ニンジン臭さはあるものの,とても甘い味がしました。
 で,わたし…
「ニンジンが白いなんてもったいないなあ。ニンジンの赤さは,βカロチンという大切な栄養素じゃないのですか。」
なんて言っていたのです。
141028 そういいながら,βカロチンをどれくらい含んでいるのか。そもそも,この白いニンジンは,なんなのか,気になったので,グーグルしました。
 すると,これは,ニンジンに似ていて異なるものであることが判明しました。
 この白ニンジン。別名をパースニップと言います。値段も,1本,200円~300円ほどだそうです。同僚の近所の方は,「初めてつくったから値段はわかんない」といって,「3本100円」くらいで販売していたそうなので,ちょっと安すぎましたね。
 このパースニップには,やはりβカロチンは,ほとんど含まれていないようです。ニンジンと同じセリ科ですが,ニンジンはニンジン属,パースニップはアメリカボウフウ属です。
 この野菜については,『ドリトル先生』を訳した井伏鱒二が,オランダボウフウと訳したそうで,日本では,オランダボウフウと呼ばれているようです。

|

« 太陽の大きな黒点 | トップページ | 二日後の太陽 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60560942

この記事へのトラックバック一覧です: 白いニンジン=パースニップ:

« 太陽の大きな黒点 | トップページ | 二日後の太陽 »