« 死んだふり・聞こえないふり | トップページ | シュレーゲルアオガエル »

キノコとフェアリーリング

 今日は,入院していた親父が,これまでの集中治療室から一般病室に移動することができたので,なんか気分がいい。これでまたしばらくの間,孫の顔を見たりできる…。救急車に運ばれたときには,どうなることかと思ったのだが,この1か月,よくがんばったなあ。ただ,記憶の方は,けっこう怪しくなってきたが…。
140726 さて,そんな調子だったので,私も調子に乗って,里山里海自然学校であった「キノコ狩り」に参加することにしました。家を出るときには参加するつもりがなかったので,半袖・半ズボン,帽子はなし…です。唯一,タオルを頭に巻き付けて…。
 今日は,キノコ博士こと赤石大輔博士と一緒に雑木林を歩きました。気温は36度近くありましたが,さすがに雑木林の中は,思ったより涼しかったです。ヤブ蚊にもめげず,いろんなキノコを見つけることができました。
 今回知ったのは,テングタケやイグチという名前くらいかな。なかなか覚えられないしね。イグチは猪口と書くそうです。これは覚えやすい。現場で,名前以外にも色んなこと(毒性,変色など)を教えてもらったので,楽しい1時間でした。これもやっぱり,忘れちゃうけどもね。
 なによりも,夏にもこんなにいろいろなキノコが生えていることにビックリしました。
140726_01 そうそう,「フェアリーリング」というようなものも見るコトができました。直訳すると「妖精の輪」。日本語では,「菌輪」「菌環」とかいうようです。これは,キノコが同心円を描くように生えている様子をさします。今日見つけた円は大きくて,カメラでうまく撮れなかったのですが,分かりますか?
 菌の輪を「妖精の輪」と呼んでいる西洋の感覚がすごいですね。
 秋には,どんなキノコがあるのか,また,参加してみたいです。

|

« 死んだふり・聞こえないふり | トップページ | シュレーゲルアオガエル »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/60050468

この記事へのトラックバック一覧です: キノコとフェアリーリング:

« 死んだふり・聞こえないふり | トップページ | シュレーゲルアオガエル »