« 子どもたちも分子模型づくり | トップページ | 久しぶりの裏山歩き »

スポイト競争

に 4年生との≪空気と水≫の授業。外に出て「あたたかくなると」の授業をはさみながらの授業です。
 前時では,「空のコップをさかさにして水面に少し入れておき,コップの中の空気を細いホースで吸い出すと,コップの中はどうなるか」という問題を予想してもらいました。子どもたちの予想は大きく割れて,チャイムギリギリまで討論していました。おもしろかったです。
140426 さて,前時では,空気を吸い出す実験は教師実験だったので,今日は,みんなにも同様の実験をやってもらいました。
 そして,いよいよスポイトの登場です。スポイトは「空気を出した分,水が勝手に入ってくる」という,すぐれて科学的な道具です。これまでも,習字で使ったとか言っていましたが,自由に使えるとなると,別です。灯油用の大きなスポイトも用意してあげました。久しぶりに水遊びを堪能していました。
140426_02  最後に,グループに分かれてのスポイト競争です。これもまた,大いに盛り上がりました。職員室まで歓声が聞こえたって言っていました。理科室は2F,職員室は1Fなのですが…まあ,うちの学校小さいんですけれどもね。
 放課後,4年生の担任曰く。
「先生,理科では何していたんですか。みんな汗だくで帰ってきましたけど…」
 スポーツと遊びのような理科でした。汗と水が混じっていたんでしょうね。

|

« 子どもたちも分子模型づくり | トップページ | 久しぶりの裏山歩き »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/59534958

この記事へのトラックバック一覧です: スポイト競争:

« 子どもたちも分子模型づくり | トップページ | 久しぶりの裏山歩き »