« 八重の椿 | トップページ | 『イラガのマユのなぞ』より »

10万個の空気の粒でウォーリーを探せ

Unnamed  今日も6年生と≪もしも原子が見えたなら≫の授業です。
 今回,はじめて手に入れた「10万個の空気の粒」のプリントを配付して,「実際の空気中には二酸化炭素やネオン,ヘリウムが,いかに少ないか」を体験してもらいました。6年生でも,とっても夢中になって探していました。楽しい時間でした。ほんと少ないんですよね。
 教科書では,「酸素,二酸化炭素,窒素」を教えますが,窒素・酸素は,とても多いけど,二酸化炭素なんて,空気の粒10万個の中に,たったの30個くらいが見つかるだけです。でも,燃焼やエネルギーに関係があるから,こうして少ない分子を取り上げるんでしょうね。

|

« 八重の椿 | トップページ | 『イラガのマユのなぞ』より »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/59514011

この記事へのトラックバック一覧です: 10万個の空気の粒でウォーリーを探せ:

« 八重の椿 | トップページ | 『イラガのマユのなぞ』より »