« 貸してもらった『事典』 | トップページ | クリミア半島と「旗」 »

若い先生の動物病院

 140311 この間の土曜日,七尾にある「希望の丘どうぶつ病院」へ行ってきました。
 うちの愛犬ではなく,愛フェレット?のようすを見てもらうためにです。
 このフェレットは,6年ほど前に,末娘が飼い始めた動物です。そのご,大学のアパートでいっしょに住んでいました。ときどき,ケースに入れて里帰りもしましたけどね。
 3月末は,引越や卒業旅行などで,家を空けることが多いので,前回引っ越ししたときに,一時,里帰りをしているのです。
 最近,やたらと,皮膚をかく動作をするので,近くの動物病院でみてもらったところ,「皮膚には異常がないし,ノミも居る風ではない。もしかしたら,ホルモン関係かも」と言われて,「この病院は,フォレットなどの小動物にも詳しいですよ」と紹介されて行ったのが,「希望の丘どうぶつ病院」というわけです。
 待合室に入ると,受付からして,かわいさ満開です。それもそのはず,先生を始め,みんな,若い子たちでした。
 結果は…。副腎がはれているらしいです。このあとどうするかは,思案中。

|

« 貸してもらった『事典』 | トップページ | クリミア半島と「旗」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/59278680

この記事へのトラックバック一覧です: 若い先生の動物病院:

« 貸してもらった『事典』 | トップページ | クリミア半島と「旗」 »