« 三回忌 | トップページ | 今度は林 »

いよいよ異動

 今日は,異動発表の日。いよいよ解禁なので,明らかにします。
 わたしは,古巣の珠洲へ帰ることになりました。もともと珠洲市出身なので,希望すれば,3年で帰れるはずだったのですが,現校の居心地が珠洲よりもよくて,異動の希望なんて全く出しませんでした。現校では,とても大切にしてもらって,子どもたちとも楽しく過ごしました。
 今日は,修了式でしたが,何人かの受け持ちの子が,
「先生,来年も,担任して下さい。」
なんて,しおらしいことを言ってくれました。
 今日の朝,ある男の子が,
「昨日,先生に手紙を書きました。お母さんの前で読んでいたら,泣いてしまいました。」
なんて言って,わたしに手紙をくれました。ありがたいことです。
 こんな歳になっても,「来年も担任して下さい」なんて言ってもらえるなんて,なんて,幸せなんでしょうか。
 クラスの子どもたちとは,「じゃあ,またね」と言って別れただけですが,今日の夕刊(や明日の朝刊)を見て,やかましくなるだろうなあ。
 そうそう,7年前に担任した子からも,メールが来ました。この子たちからは,毎年,この時期にメールが来るんです。…先生,異動した?って。
 今日は,「異動したよ」と返事をしたら,「明日,みんなで会いに来るね」だって…。
「おいおい,お前ら,今年は高校卒業だろ!」
って,思ったけど,うれしいねえ。

|

« 三回忌 | トップページ | 今度は林 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

のむさん。
もともと,好きでやっている稼業。学校長にも,毎年,「担任させてくれ」と言ってきました。
今年度は,それが叶って,楽しくやってきましたが,わたしは,どんどん歳をとっていくので,当の子どもたちが「若い先生がいいなあ」と思うのではないか…と,気にならなくもないです。
今年度は,若者教師とペアだったのですからね。
若者教師の教室も,ちゃんと「来年も持ってね」と言ってもらっていると思います。
それでいいんだと思います。

投稿: 管理人 | 2014年3月25日 (火) 20:40

じ~んとするいい話ですね。こういう話は楽しい授業実践教師派にはよくある話ですが,教育学者はなぜこういう現象が出現するのか,そこを研究発表すれば世の教育事情は格段によくなると思います。
実験道具運搬には2tトラックが必要ではないですか?

投稿: のむ | 2014年3月25日 (火) 05:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/59349623

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ異動:

« 三回忌 | トップページ | 今度は林 »