« ネット付き合いが増えてきた | トップページ | 今日は磁鉄鉱の登場 »

砂鉄の密度を感じる

 3年理科では,今,仮説実験授業≪ふしぎな石・じしゃく≫をやっています。
 そろそろ終わります。
 先日,砂鉄の勉強しました。
 地元の海岸から取ってきた砂の中から砂鉄を取り出しました。砂の中に,磁石につく砂があることにビックリして,おおよろこび。
 そして,砂鉄ばっかりが入った容器を持ってもらいました。子どもたちは,その重さにビックリしていました。
 砂鉄は,他の砂粒よりも密度が大きいのです。
 で,どれくらい違うのかというと,砂の主な成分である,二酸化ケイ素(SiO2)の密度は約2.20~2.65g/cm3ですが,砂鉄のおもな成分である酸化鉄の密度は,なんと,約5.1~5.2g/cm3あります。これくらい重いと,子どもたちも,ビックリするはずです。
「みんな,砂遊びなんかで,砂を持ったことあるよね。この入れ物には,砂鉄が入っているんだけど,普通の砂が入っていると思ってください。そして,持ってみてください。」
とお願いしました。
 すると,みんな,「重い」「なんじゃこりゃ」という反応でした。
 砂鉄の重さは,次の「磁鉄鉱の重さ」へと,つながります。

|

« ネット付き合いが増えてきた | トップページ | 今日は磁鉄鉱の登場 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/59174788

この記事へのトラックバック一覧です: 砂鉄の密度を感じる:

« ネット付き合いが増えてきた | トップページ | 今日は磁鉄鉱の登場 »