« 「kindle」が来た | トップページ | 伏見五福めぐり・その1 »

真言宗別格本山法界寺

 140112京都・伏見にある「法界寺」というお寺さんへ行ってきました。
 このお寺のことは、今までノーチェックでした。行ってよかったです。
 お寺に入ると、私たちだけでした。頂いたパンフレットも白黒の4つ折りで、なんとも質素な感じです。
 私たちのためだけに、阿弥陀堂(写真左)と本堂(写真右)を開けてくれました。
 実は、この寺の阿弥陀堂は国宝なんです。そして、そのなかに座っていらっしゃる阿弥陀如来座像も国宝なんです。この二つとも、とても見応えがありました。阿弥陀さんは、定朝様式の丈六で、とってもかっこよかったです。平等院の阿弥陀さんに匹敵するお姿でした。阿弥陀堂の内部には、彩色の痕跡がしっかり残っていて、なかなか渋かったです。
 本堂の「薬師さん」は、秘仏なので、見ることはできませんでした。この薬師さんは、日野薬師といって、とても有名なようです。地元の人たちは、「ひのやくし」の方に親しみがあるようです。安産と授乳の御利益があるとかで、小さな赤ん坊用の前掛けに、いろんな願いや感謝の気持ちが書かれていました。 
 うちらは、まだそんな必要ないので、そのまま帰ってきましたが…。
 そうそう、うちらの大将である親鸞聖人の生まれたお寺でもあります。
 このお寺のことは、みうらじゅん・いとうせいこうの「見仏記」で知ったんです。「見仏記」は、娘がわたしの誕生日に贈ってくれた本で、何冊も出ているようです。

|

« 「kindle」が来た | トップページ | 伏見五福めぐり・その1 »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/58946576

この記事へのトラックバック一覧です: 真言宗別格本山法界寺:

« 「kindle」が来た | トップページ | 伏見五福めぐり・その1 »