« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

もりあがる「五色百人一首」

140129 「五色百人一首」ってご存じですか。1月のサークルで聞いたら,80%の認知率でした。
 この「五色百人一首」は,たしか,法則化運動の中から出て来たのではなかったかと思います。少なくとも,わたしは『教室ツーウェイ』か何かで知ったんだと思います。
 あの頃,手作りで15セットほど作りました。1セット100枚だから,「1500枚×3」ものパーツを切り,工作用紙の両面に色画用紙を貼ったことになります。すごい作業です。
 これまで,長い間,使わずに置いたままだったのですが,この年末の大掃除で,このかるたの札が見つかり,捨てるのももったいないので,保管して置いたのでした。

 ちょうど,3年生の国語の教材に「かるた」という文章があるので,それにかこつけてひさしぶるにこのかるたをやってみています。
 毎日の帰りの会の前の約5分間です。
 けっこう盛り上がっています。

 このかるたは,取り札の裏に上の句が書いてあって,試合の途中でも見るコトガできるんです。これがミソです。あと数枚になると,上の句の最初の文字を読んだだけでも,とるようになってきます。そして,知らないうちに,覚えるんです。
 優れものだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス地域ランキングの不思議

 ここ数日の,アクセス数やらアクセス地域などをお知らせする機能が,ブログなどにあります。
 このブログにも,左側の部分に,そういう情報を載せてあります。
 ところが,ここ最近,なんか,アクセス地域の流れが変なんです。
 たとえば,現在,こんな感じです。

 1位:鹿児島県
 2位:石川県
 3位:岐阜県
 4位:佐賀県
 5位:和歌山県
 6位:福島県
 7位:長崎県
 8位:新潟県
 9位:岩手県
 10位:宮崎県

 だいたい,鹿児島なんて,なんで1位になるんでしょう。ま,2位の石川はいつもどおりです。他の県も,今まで,上位に上がった事なんてありません。なんですかこれは???
 ブロバイダーの方のミスなのかなあ。
 いつ,平常に戻るのでしょうかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新しい一太郎を買おうか…

 2月と言えば,一太郎の新作の発売日です。なぜか,毎年,一太郎の新バージョンは2月上旬の発売なんです。
 一太郎は,5か6くらいの時からのおつきあいで,ほんと,長いです。一太郎を使っていると,もうワードなんて使いにくくてたまりません。
 以前は,毎年,バージョンアップをしてきましたが,最近は,2年に1度にしています。今年がその2年目です。自宅からもXPが消えて,ディスクトップが7と,ノートが8.1となりました。ここらで,新しくしようかなあ。
 Kindle用の書式で保存できる機能があるようだし(もっとも,ワードなら,そのままでもkindle用に変換できるのだが),ますます使い勝手がよくなりそうです。
 一方,いつも一緒に購入する花子は,ほとんど使ったことはないんです。だから,使い方も忘れちゃいます。もうちょっと花子を有効に使いたい物だと思ってはいるのですが。たぶん,便利なんだろうけど…。
 とにかく,毎日,学級通信を書いているので,一太郎を触らない日はないくらいです。
 私が一番お世話になっているソフトが,一太郎です。そうそう,メールソフトも,Shurikenでした。ジャストシステム様々ですね。ラベルマイティだって,月に1度は使うし。
 だから,やっぱり,予約しようっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

抜糸に行ったついでに…タブレットをゲット

 今日は,チョコの抜糸のために穴水に出かけました。
 まずは,コメリで,チョコを車に乗せて移動するためのキャリング用の檻を購入。約6000円でした。これで,長旅でもOKです。
 で,抜糸そのものはすぐに終わりました。そのまま,犬を連れて,羽咋までの長旅をはじめて経験。
 帰り,100満ボルトに寄って,チラシで16000円になっていたタブレットNexus7(旧型)を購入しました。初めてのアンドロイドです。どうせ,遊びに使うだけだから,ま,最初は,これくらいのもので充分です。ただ,プロバイダーにも入って,月々の通信費がかさむことになるのですが…ま,これは仕方ないか。
 わたしがタブレットを購入したことに刺激された神さんは,「スマホにしようかな」なんて言い始めて,結局,近くのauショップへ。
 うちに帰ったら,晩飯を食べ,「馬医」を見ながら,二人で画面をスリスリしていたのでした。なんとも変な風景でありました。

http://www.google.co.jp/nexus/7/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温かい1日

140125 昨日から今日にかけて,とても温かい日になりました。
 木曜日,道路の表示板には「-4℃」という表示を見ました。今日も,気持ち悪いくらい温かい日でした。
 朝は,ぼ~っとして,ゆったり本を読んだり,録り溜めたビデオを見たりして過ごしました。
 昼からは,組合青年部主催のソフトバレードール大会に参加。応援団のつもりだったのに,人数の都合がつかずに,選手の一角を占めることになって,若者たちからは「あまり,がんばりすぎないように」「アキレス腱を切らないように」と指導を受けての参加でした。
 実際,全チームを見ても,私が最高齢。
 それでも,総合3位に入る健闘を見せました。

 夜は,近くの焼き肉屋で4人で打ち上げです。
 私の娘のような年代と一緒に,焼き肉を食べて,お話をして…。わたしは,たのしい時間でしたが,若者はどうだったでしょうかね。

 明日は,チョコの抜糸です。で,いよいよタブレットも買おうかなと計画しています。どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆったりとした週末になるかな

 この1週間は,私にとっては,たいへん慌ただしく過ぎました。
 まず,指導案を書いて研究授業をしたこと。出張が2回あったこと。そして,お通夜も2回ありました。サークルもあったので,レポートを書きました。夕方,支部委員会があったり,平和運動センターの旗開きもあったりして,夜,まともに家にいることも少なかったです。さらに,うちのチョコの避妊手術のために,穴水へも2回行ってきました。

 若い頃(特に原発問題がやかましかった頃)は,学校が終わってからも,何かといそがしかったのですが,最近は,学校と家庭の行き来がほとんどで,この日常がクズされると,リズムを取りもどすのに一苦労です。情けない体になったものです。

 今日は,神さんがお泊まり会なので,年寄りの食事を作って,フロに入って,ゆっくり本でも読むことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD『爆笑! 星のお兄さんプラネタリウムショー』

 いやー,おもしろいビデオを教えてもらいました。
 昨年末のサークル忘年会で,小松サークルに参加しているNさんが,いろいろな情報を持って参加して下さいました。そのうちの一つが,ここに紹介するDVDです。
 うちの近くにも,満天星という「プラネタリウム」があって,時々利用しています。
 が,このDVDは「バカらしい笑いの中に,真実あり」みたいな感じで,なんとなく楽しんで星座のことを覚えられそうです。

著者 :
ジェネオン エンタテインメント
発売日 : 2007-08-24
 なんとも楽しいプラネタリウムがあるものです。
 本人は,「たままた役目が回ってきてしまって,やり始めた解説者だった」といいますが,それだからこそ,シロウトなりの軽い乗りが,観客にも伝わるのでしょうね。
 ウケを狙っている間に,何度も星座の話が出てきて,知らず知らずのうちに,頭の中に入りそうです。
 春夏秋冬,それぞれは15分ほどしかかないので,学校での隙間時間に見せることができます。学年問わずに見せてあげると,喜びそうだなあ。星や星座にも興味を持ってくれそうです。

 星のお兄さんサイト http://hoshiani.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジグソー活動を取り入れてみました

 昨日,書いたように,今日は,国語の研究授業でした。
 で,12月に三宅なほみさんからお聞きした,ジグソー活動とやらをやってみました。
 時間がなかったので(やり方なども教えないといけない),十分な活動はできませんでしたが,それなりに,活動の意味は参観した教師たちにも伝わったようです。
 ジグソー活動は,授業書がない中身で,個人差がありそうな課題に対して有効であると思います。もうすこし,研究してみたいと思います。
 研究の担当者からは,「教員相手に,何かやってくれ」とお願いされています。やはり,興味があるようです。

 ジグソー活動については,以下のページをご覧下さい。
 http://coref.u-tokyo.ac.jp/archives/5515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの指導案作成

 今週の日曜日,久しぶりに指導案を書いていました。それも,「国語」です。
 本校は,国語の研究をしていますので,国語の授業を公開することにしたわけです。
 最近の,国語科の流れは,私に合ってきています。これまでは,物語をひたすらなんども読む…みたいな授業が主流でしたが,最近は,〈習得させる言葉や技能〉が明確にされているところが,とても分かりやすいです。

 それにしても,たった1時間の授業のために,数時間使って指導案を書くのはつかれます。
 初任研の人たちは,これを何度もやっているのかと思うと,ホントに同情します。
 〈案〉を持って授業に臨むのは当たり前だけど,これを衆目が納得するように決まった形式でまとめるってのに,莫大な時間がかかるんですよ。「もっと気軽に授業を見合いましょうよ」って言っているのですが,これは,主流になりません。みんな形式が好きなんですよね。
 ただ,うちの学校の若者たちは,指導案無し(頭にはありますよ)の私の授業を時々見に来ています。この方が,私も若者も,何度も学べると思うのですが…。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支部委員会

 今日は,組合の支部委員会があって,支部委員のわたしも出席しました。
 教員組合ばかりではなく,全国的に,組合活動が低調になっていて,労働組合の価値がなかなか伝わっていかないようです。まあ,そんな現状を嘆いているのですが,結局,嘆いているだけで,どうにもならないような大きな流れを感じます。
 思えば,戦後,GHQに「あわや共産化?」かとまで,思われたほどの労働運動,国民運動が盛り上がったこともありました。これはこれで,「今までお上が言ってきたことが,全くのウソだった」というような状況がもたらしたものだったのだと思います。

 団塊の世代が経験したような,国民的な運動は影を潜め,今じゃ,弱い者が孤立することが当たり前になってきています(というか,積極的に弱い者の立場で良しとする風潮もあるようです)。そんな中での,労働運動は,やっぱり,厳しいでしょうね。

 「労働基本権」でさえ,歴史的な一過性のものとして葬りされられていくのか…それとも,もう一度,見直されていくのか。労働組合組織率の低迷する中で,今後の動向が気になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

避妊手術を受けました

 昨日,避妊手術を受けるために,チョコを動物病院へ連れて行きました。私の家の動物がいつもお世話になっている動物病院は,家から車で30分以上かかる場所にあります。この土日は,この冬一番のカンパが来ていて,道も真っ白で凍っていました。でも,わたしたちは愛犬のために,ちゃんと走るのです!
140119 昨日の4時頃,「無事,目が覚めて,元気です」という連絡が病院から入ったようです(わたしは,サークルに出席していたので,神さんが電話を取った)。
 そして,今日,むかえに行きました。
 うちら(飼い主)が来ると,大喜びで駆け寄ってくるかと思いきや,なんとなく後ずさりしているよう。おいおい,そんなにわるいことしてないよ。さあ,うちに帰るよ~。
 
 この1週間は,写真のようなフードをつけて暮らします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サークルでした

 今日は,月に一度のサークルの日。
 6名の参加で,たのしく3時間を過ごしました。
 総合学習で,地元のパン屋さんやアイスクリーム屋さんへ行ってきたという報告では,私たちでも知らない「秘密」がいっぱいありました。こんな能登の地で,それなりに商売を成り立たせていくためには,相当な工夫と努力があるんですよね。
 以前,理科関係の施設に,サークルとしてオジャマしたことがありましたが,今度は,ぜひ,社会科関係でも,教師の立場で,教材づくりの一環として,地元の施設や会社やお店を訪れてみたいものだと思います。
140118 ところで,写真のカレンダーは,「アストロアーツ」で販売されている日めくりカレンダーです。これって,その日が終わっても捨てるのがもったいないくらいのきれいな作品です。だから,捨てずに取ってあるんですが…。
 子どもたちの誕生日にプレゼントすれば喜ばれそうですね。パウチをしてあげれば,メモ帳の下敷きくらいには,なりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見五福めぐり・その4

 もう,一気に,「伏見の旅」を書いてしまいます。
 大黒寺をあとにして,一旦帰宅。午後は,他の用事があるので,今日は,ここまで。
 夜は,遠出をしないで,歩いていける居酒屋へ行って地酒をいただきました。伏見での最後の晩餐です。たぶん。
140116_01 さて,つぎの日。
 午前中は少し時間があったので,9時~11時頃まで,またまた伏見を回ることにしました。これまで行ったことのある,御香宮(上の写真),乃木神社,藤森神社へ行ってきました。これで,「伏見五福めぐり」の完成です。これをきっかけに,伏見の復習ができたので,よかったです。
140116_02 で,ついでに,桃山御陵(明治天皇のお墓)にも行ってきました(下の写真)。以前,ここに来たときには,大鳥居の工事をやっていたのですが,今回は,きれいな姿を見せていました。
 それにしても,大きな墓ですね。今の天皇は「火葬でいい」と言っているのかな。ま,そういう時代ですね。
 ここは,もともと伏見桃山城が建っていた場所らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見五福めぐり・その3

140115_01 さて,色紙を手に入れた私たちは,次に「大黒寺」へと向かいました。ここもとっても小さなお寺です。狭い境内にまで車を入れさせてもらって,おまいりしてきました。この寺は,通称「薩摩寺」とも呼ばれていて,江戸時代には,薩摩と深い関係があった寺だそうです。
 さっそく大きな色紙に御朱印をもらいました(上の写真)。朱印を押してくれたのは,お寺の奥さんでした。うしろの部屋では,小さな姉妹が走り回っていました。
140115_02 お寺の瓦には,かわいい大黒さんが乗っていました。
 また,裏の境内には,寺田屋事件で殉難した九烈士の墓がありました(下の写真)。たまたま墓地の方まで行ったら見付けました。西郷隆盛が建てたと言われているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見五福めぐり・その2

140114_01 で,「伏見五福めぐり」は,あきらめて(ま,そんなにやりたいわけではなかった),藤森神社で手に入れたチラシ(伏見の名所旧跡が書かれている)を見てみたら,法界寺,長建寺,大黒寺というお寺には,まだ,行っていないことがわかったので,次の日(1月12日)の午前中は,そちらの方を回ることにしました(娘は卒論を書いていました)。
 まずは,法界寺。これについては,先に書いたので省略。
 次に向かったのが,善願寺というお寺。チラシには,「要予約」と書いてあったのですが,そのとおりで,中を見ることはできませんでした。ここには,腹帯地蔵と呼ばれているお地蔵さんがいて,法界寺と同じように,安産に御利益があるとのことでした。
140114_02 次に,長建寺へ行きました。やや中国風の山門があります。小さなお寺さんですが,たくさんの人が来ていました。聞こえてくる話では,東京からバスで来たとかいう団体さんたちもいたようです。で,ここで御朱印をもらおうかなあと思って窓口へ行ったら,なんと,あの「伏見五福めぐり」の色紙が残っているではありませんか。
 これは,なにかのお導きなんていいながら,1まい購入。五カ所の社寺をめぐることにしたんです。
 続きは,明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見五福めぐり・その1

140113 伏見には,4年間,娘がたいへんお世話になりました。わたしたち親も,娘の下宿を起点に,ずいぶん,伏見の町を回りました。
 神社仏閣でいうと,伏見稲荷大社・御香宮・藤森神社などには,何度も行きました。また,萬福寺・醍醐寺にも行きました。龍馬ゆかりの土地でもあり,寺田屋にも何度か行ったし,伏見の地酒もずいぶんと頂きました。そうそう伏見桃山城や桃山御陵(明治天皇のお墓)にも…。
 今後,京都に来たとしても,もう,たぶん,伏見をじっくり回ることもないと思います。
 そこで,今回は,伏見の見納めということで,もう一度,伏見を回ってみることにしました。

 さて,今回の旅の初日(1月11日)。
 今年は午年で,「馬」に関係する神社だということで,下宿近くの藤森神社へ歩いて行ってみたところ,スタンプラリー(ではないそうだけど,ま,そんな気分だったので…)のようなものをやっていました。「伏見五福めぐり」と書かれた大きな色紙を持って,伏見にある5つの寺社をめぐって,御朱印をもらうというわけ。
 でも,藤森神社の窓口には,もう,この色紙は売り切れと書かれていました(上の写真)。ま,しかたがないので,この日は「左馬」の御朱印をもらって,帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真言宗別格本山法界寺

 140112京都・伏見にある「法界寺」というお寺さんへ行ってきました。
 このお寺のことは、今までノーチェックでした。行ってよかったです。
 お寺に入ると、私たちだけでした。頂いたパンフレットも白黒の4つ折りで、なんとも質素な感じです。
 私たちのためだけに、阿弥陀堂(写真左)と本堂(写真右)を開けてくれました。
 実は、この寺の阿弥陀堂は国宝なんです。そして、そのなかに座っていらっしゃる阿弥陀如来座像も国宝なんです。この二つとも、とても見応えがありました。阿弥陀さんは、定朝様式の丈六で、とってもかっこよかったです。平等院の阿弥陀さんに匹敵するお姿でした。阿弥陀堂の内部には、彩色の痕跡がしっかり残っていて、なかなか渋かったです。
 本堂の「薬師さん」は、秘仏なので、見ることはできませんでした。この薬師さんは、日野薬師といって、とても有名なようです。地元の人たちは、「ひのやくし」の方に親しみがあるようです。安産と授乳の御利益があるとかで、小さな赤ん坊用の前掛けに、いろんな願いや感謝の気持ちが書かれていました。 
 うちらは、まだそんな必要ないので、そのまま帰ってきましたが…。
 そうそう、うちらの大将である親鸞聖人の生まれたお寺でもあります。
 このお寺のことは、みうらじゅん・いとうせいこうの「見仏記」で知ったんです。「見仏記」は、娘がわたしの誕生日に贈ってくれた本で、何冊も出ているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「kindle」が来た

140111 年末に注文してあった、「kindlePaperwhite」がやっと到着しました。アマゾンで注文したものの中で、こんなに時間がかかる買い物は、これが最長です。
 電子書籍を読もうと思ったのは、いくつかの理由があります。
その1 本棚がいっぱいになってきた。もう、あまり置き場所がない。これからは、少しずつすてるつもり。
その2 寝るときに新書や文庫を枕元に置いておきたいのだが、メガネがないと、見にくくなってきた。もう、文庫なんて、メガネ無しでは読めない。これはつらい。そこで、文字を大きくできるのが便利。
その3 出かけるときにも、これ一つでOKというのが、いい。しかも、もし、今後、アンドロイドなどを手に入れても、読んでいる本を同期できるのが便利。
 ま、こんな理由で、買うことにしたんです。本体自体は、とても安いしね。
 実際使ってみると、けっこう便利です。
 kindle自身がネットにつながるので、アマゾンからの書籍の購入がとても簡単です。そこで、ついついクリックしてしまいそうで注意が必要です。

「kindle Paperwhite」については、こちらをご覧下さい。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CTUMNAO/ref=sv_kinc_0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬を預けに

 今日,はじめて,犬を預けに「ペットホテル」へ行きました。明日,早朝から出かけるからです。家に残る年寄りには,いくら何でも雪の中の散歩は無理だしね。
 幸い,近くに,知り合いがやっている「ペットの散髪屋さん」があって,そこでは,少しの間,宿泊もさせてくれます(散歩もしてくれます)。
 うちのチョコにとって,お店での宿泊は初めてのことだったので,別れるとき,さみしがって,すがって「行かないで」って顔をするかと思っていたのですが,全然違っていました。お店の看板犬といっしょにじゃれていて,「じゃあねえ」って感じで,あっさりとお別れ。
 安心というか,さびしいというか…。
 ともかく,はじめてのお泊まりですが,大丈夫かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路面凍結,おお~こわ~

 昼過ぎからどんどん冷えてきて,夕方には粉雪が降ってきました。
 この辺りの雪は,たいてい「ぼた雪」といって,とても大きな固まりでゆっくり降ってきます。で,地面に落ちるとスッ~と消えちゃうんです。
 でも,今日の夕方の雪は,スキー場のような降り方で,これは,気温が低い証拠。
 6時前には学校を出たのですが,すでに-2℃~-3℃に。
 例年なら道路にはちゃんと「塩化カルシウム」が撒かれているのですが,今日は,間に合わなかったのかしらないけれども,道路は凍結状態。
 おそるおそる運転して帰ったのでありました。
 そうそうチョコとの散歩も寒い寒い。手袋が役立たない。もっと温かいのを探そうっと(でも,散歩中のウンチを取るには,ごわごわした厚手の手袋だと不便なんだよなあ)。

 明日も,氷点下になるという予報。あ~あ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3学期始業式

 3学期がはじまりました。
 朝,学校の玄関ホールにおいてある水槽の魚たちにエサをやっていると,下駄箱の方から「○○せんせいー,おはようございます」の声が聞こえてきました。受け持ちの女の子たちです。こうして,2週間ぶりに,子どもたちとの生活がスタートしました。
140108 職員室では,写真のようなお土産が…。
 このチョコレートは,どう見てもオランウータン。オランウータンと言えば,いしかわ動物園…しか思いつかないのが,わたしのなさけなさ。
 実は,ボルネオまで行ってきた人がいるんです。
 昨日は,タヒチのお土産だったし…。
 このあと,アメリカ帰りのALTからもお土産のおかしをいただいたりして,なんとも国際色豊かな職員室なのでした。
 昨日までは,お昼や夕方にお餅を焼いて食べていたんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみやげ

 今日から職員室はフル回転。
 午前中は,9時~12時まで,職員会議。3学期の行事をほとんどやってしまいました。なんせ,卒業式までやっちゃったからねえ。あとは,細々としたことを,その都度,打ち合わせてやっていけばいいので,3学期は会議に追いまくられなくて済みます。
 午後からは,1時間ほど職員会議の続き。そしてもう1時間,校内研修をやって,すでに3時。明日から子どもたちが来るというのに,なんとなく,学級の方の準備はまだできず。家に持ち帰ることになりました。
140107 さて,そんな中,この年末年始に新婚旅行に行ってきたという幸せいっぱいの若者職員から,お土産を頂きました。なんとお二人は「タヒチ」に行ってきたそうです。わたしは,タヒチがどんな国なのか,よく分かっていませんが,若者は「フランス領なんじゃないか…」と言っていました。
 このお土産の「木の人形」も,一体何を表しているのか…箱に入っているのは石けんなので,これは,わかります(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡谷公二著『神社の起源と古代朝鮮』

 新聞の書評欄に紹介されていて、何となく面白そうだなあと思って手に入れた本です。ちゃんとした本です(中古ではない)。私にはちと難解。
 本書の62ページには、柳田国男の『氏神と氏子』からの引用として、なんと「とりわけ能登半島の突端珠洲あたりには朝鮮半島の影の濃いところで…」という話題が出て来ました。ビックリ…。
 日本の八幡やお稲荷さんまで、朝鮮から来たなんて知りませんでした。
 本書を見ると、出雲大社まで、そちらと大いに関係あるようです。
 今後の研究が待たれます。

 日本の神社や韓国の歴史,地名(場所)などの〈前提となる知識〉がない私には,辞典やネット検索をしながらの読書となりました。
 そもそも,こういう本を手に取る人は,そういう前提知識があると思われているのでしょうが,そうじゃない人もいるので,もう少し丁寧に解説してほしかったです。
 ふりがながもっとたくさんほしいしね。
 それでも,日本独自と言われている(一般的に,思われている)神社が,元をたどれば新羅や伽耶ではないか,という指摘は,とても刺激的でした。
 記紀や風土記の記述も…難解ですが…十分,論拠を示してくれているようで,おもしろかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視聴者参加型推理番組

 昨日の夜,帰省している娘と一緒に,視聴者参加推理番組(もう,番組名は忘れた)を見ていました。
 犯人が日本中に10個の爆弾を仕掛けたんだけど,そのうちのどれかひとつの爆弾のパソコンに暗号を入力すると爆発が回避される…というような内容でした。そして,視聴者は,番組を見ながら「その暗号とどの爆弾なのか」を解答するというわけです。
 わたしたちも,紙と鉛筆を用意して,計算機も使ったりして,番組が解答をいう前に,正解にたどり着きました。
 この番組を見ていて思ったことは「内容自身は,まったくたいしたドラマではない」ことです。そりゃそうですよね。変にドラマ仕立てにすると,視聴者は,どれが問題のヒントなのかわかんなくなって余計に混乱しますからね。それに,たいしたドラマではなくても,謎を解こうとして必死に見てしまう自分がおもしろかったです。
 それにしても,まだ,有力な情報が隠されているにもかかわらず,番組開始早々に正解者がいたのには,ビックリしました(画面の上に,参加者と正解者の数字が出てくる)。
 ジップでポンだけではない,双方向,おもしろかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

気多大社で初詣

 あまり,神や仏にすがったことはありませんが,なんとなく年中行事の一つとして初詣に行ってきました。10年前には,人間5人と犬一匹で参詣したものですが,今年は,人間3人のみという寂しさ。それもまたうれしからずや。
140103 わたしの初詣は,神さんの実家の近くにある能登一の宮・気多大社です。数年ぶりにお神籤を引いたら「大吉」でした。3人とも「大吉」だったので,「仕掛けたかな」なんておもったりもしました。
 写真の大黒天は,神社参道の脇にいました。なんともふくよかな良きお顔です,お体です。この仏像を見ていると,「太ったっていいじゃないか」と,たいへんゆったりした気分になれます。
 それにしても,今日の箱根駅伝。あの2位の駒澤大学のフィニッシュはいかがなものでしょうか。あれが,エリートスポーツ選手を目指す姿だとしたら,なんのためにスポーツをやっているんだか。2位じゃダメですか?と言いたくなりますが,2位じゃダメなんでしょうね。そんな甘いことを言っていたら,勝てないんでしょうね。なんだか,悲しくなります。
 「目標は高い方がいい」なんて,思えませんねえ。
 「まずは,走りきったことをたたえよう」なんて発想がないんだろうなあ。
 「アマチュアスポーツこそ,スポーツの原点だ」と思っているわたしでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

午年の話題…午後,子午線

140102 午年は,「午」を教えるチャンスです。
 もう大学も終わりに近づいている末娘が
「午って字は,正午の〈午〉やよね。」
と言っていました。「なんだって,今まで知らなかったのか~」とびっくりしたけど,それは,普通なのかもしれません。わたしは,教育を仕事にしているので,当たり前と思ってしまっていることが多いんです。「そんなことも知らないのか~」なんて,言ってしまいそうで,反省,反省。
 正午,午前,午後の「午」は,昔の時刻を表す言い方から来ています。「草木も眠る丑三つ時」なんて言葉もあるように,昔は,時刻を表すのに「十二支」を使っていました。
 また,方位も「十二支」です。子が北,午が南。よって,北南の経線のことを「子午線」って言うんですよね。これって,中国語なんですかねえ。
 上の写真は,数年前に明石天文台にオジャマしたときに撮影したものの一枚です。参考までに。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

午年,あけました

 朝日も見えない中,新年が明けました。特にこれと言って代わり映えのしない1日でしたが,まあ,そんなものでしょう。朝から飲んでいたけどね。
 正月と言えば,年賀状。
 退職された先輩教員からの年賀状には,「道徳の教科化はどうなることやら」「教育現場は,まずます自由がなくなっていますね」「1日28時間,連れ合いと暮らしています」なんて,言葉が並んでいました。みなさんは,現役を引退して,寂しさ感よりもすっきり感があるんですかねえ。それほど,今の教育界は,息苦しくなっているんだろうなと思います。
 まあ,でも,わたしは,まだ数年あります。
 その間,新しい子どもたちと,たのしい授業をしていきたいし,若い教師たちにも「たのしい授業」を広めていきたいです。そのためには,まず,自分の精神状態をしっかり保っておかないといけませんからね。
 さて,今年最初の読書は,香山リカさんの『〈じぶん〉を愛するということ』です。ブック・オフで,105円だったので,購入したのですが,おもしろかったです。
 本物の自分は,今の自分だし,少しずつ成長する自分です。それ以上でもないし,それ以下でもない。大人になってからも「どっかに素晴らしい自分が存在する」と思うような子どもたちを作ってはいけないなあと思いました。

 読んでいてずいぶん前の本だと言うことにびっくりしました(今は,2014年1月1日)。もう10年以上も前の指摘なのだけど,内容は,たいへん濃いです。
 「私探し」をする風潮は,依然根強いものがあります。そのままの自分でいい…とはなかなか思えないですからね。
 アダルトチルドレンの本来の意味なんて,本書で初めて知りました。また,「秘密の自己愛者」と「陽性の自己愛者」に絡んだ話は,なんとなくドキッとしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »