« 本人は「納豆」のつもり | トップページ | 韓国歴史ドラマ『ホ・ジュン』 »

花崗岩の山

 突然ですが,日本には花崗岩で出来た山がたくさんあるようです。
 今夏,職員旅行で,宮島に行ったおり,その山の雰囲気が「花崗岩」であることに気づき,ボスと話題にしていました。
 で,先日,たまたま読んだ『山はどうしてできるのか』(ブルーバックス,下記の本)に,「日本には花崗岩の山が多いこと」の説明があって,興味深く読んだところです。
 日高山脈は花崗岩体だそうです。東北地方にも,花崗岩体が多いそうです。中部地方の槍ヶ岳が花崗岩だそうです。さらに,近畿地方の六甲山も花崗岩。
 深成岩である花崗岩がどうして地上近くにあるのかというと,玄武岩マグマよりも軽いからだようです。詳しくは本書を読んでください。
 花崗岩の山肌は白くて,なんか,木々もまばらで,一目でほかの豊かな山の姿とちがうなあと思います。

山はどうしてできるのか―ダイナミックな地球科学入門 (ブルーバックス)

山はどうしてできるのか―ダイナミックな地球科学入門 (ブルーバックス)

|

« 本人は「納豆」のつもり | トップページ | 韓国歴史ドラマ『ホ・ジュン』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/58703876

この記事へのトラックバック一覧です: 花崗岩の山:

« 本人は「納豆」のつもり | トップページ | 韓国歴史ドラマ『ホ・ジュン』 »