« かわいいスッポンの赤ちゃん | トップページ | 今年もいろいろありました »

増井元著『辞書の仕事』

 おそらく今年最後に読み終えた本となるでしょう。
 教員の基礎知識として,知っておいて損はしませんよ。
 漢字の止めや払いに厳密だったり,辞典にこう書いてあるから…ということに厳密だったりするのは,「日本語の正しい学習」とは言えないようです。

 広辞苑や岩波国語辞典の編集者が,辞典編集の内幕のようすを語ってくれます。
 言葉が時代と共に変化していくのは,仕方がないことなのに,「日本語の乱れ」などといって,嘆く大人がいっぱいいます。ましてや,その変化を辞典に取り入れることに対しては,反論もあったり…。
 単に50音順といっても,辞典によって違ってたりすることを初めて知りました。
 とかく精密さだけを辞典に求めていた人は,目から鱗の内容が満載ですよ~。

|

« かわいいスッポンの赤ちゃん | トップページ | 今年もいろいろありました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/58856485

この記事へのトラックバック一覧です: 増井元著『辞書の仕事』:

« かわいいスッポンの赤ちゃん | トップページ | 今年もいろいろありました »