« 吉本佳生著『高校生からの経済データ入門』 | トップページ | 砂浜がもどっていた »

windows8を手に入れたが…

 久しぶりにノートパソコンを購入しました。
 以前のように,バイオにこだわるわけでもなく,まっさらなヤツがほしかったので,その旨を学生協の知り合いに伝えて適当に選んでもらいました。なんとも,大人買いですなあ。
 それで,届いたのが「Gateway」。型番もなにも分かりませんが,メモリは8Gにしてもらいました。
131122 これまで見てきた「パソコンの箱」には,パソコン以外にも何か入っていましたが,これには,なにも付属品がありませんでした。もちろんコードはありますよ。でも,説明書とか何かのDVDなんかも全くなし。ただ,1枚の解説書(いくつかのお国言葉がありました)と,キングソフトオフィスのライセンスキーが書かれているはがきが一枚ありました。
 電源を入れてみると,うわさ通り,スタートキーのない画面が立ち上がってきました。
 なんの解説書もない中,一太郎を入れ,ネットワークの設定をし,プリンターのドライバを入れて,何とか使えるようになりました(この画面は,なんとか使い方も分かってきて,色んなソフトを入れた後の画面です)。
 あ~しんど~。それにしても,CDを入れてもオートランしないのは,8だからですか? Gatewayだからですか? 

|

« 吉本佳生著『高校生からの経済データ入門』 | トップページ | 砂浜がもどっていた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

salir様
 もともと「ウィンドウズ(複数の窓)」を用意して,同時にプログラム(これも8からアプリという名前になった)を動かすことができたのは,マックだったんですよね。
 私の回りにも,マックを使っていた人たちがいましたが,私は,結局,一度も手に取らずに来てしまいました。興味はあったのですがね。
 アップル社は,新しい情報機器を作りだしていますね。すごいオリジナリティーのある会社なんだと思います。

投稿: 管理人 | 2013年11月24日 (日) 17:04

P.S.
「Gateway」は、従来はパソコンメーカーとして、よく見かけるDELLと同じく、BTO方式を採用して日本にも上陸した会社です。昔は高スペックかつ低予算で購入できることから、会社などが社員に用意するパソコンは、Gatewayという感じでしたね。

後に、米本社がリーマンショックによってやられて、現在では、台湾の「エイサー」という企業が、事業を吸収し、ブランド名を引き継いでいるという感じです。

投稿: salir | 2013年11月24日 (日) 01:21

そもそもWindows8はタブレット端末との兼用・差別化をなくそうという考え作られたOSです。後のOSからは従来のスタートボタンからの形式になるなどと言われていますが・・・。
どうも、Microsoft社は、妙に基本的なデザインやGUIにまで手をつけてややこしくさせてしまうのが慣例で、どうも馴染めません。
私は、学生時代からデザインする道を歩んでいるため、Macを使うことが多く、多少の配置換えやDockのデザインが変わる程度で済むため、ヴァージョンupしても基本はきちんと踏襲されるので、愛用しています。使うソフトは限られますが、大きな不便を感じません。修理の出費は馬鹿になりませんが・・・。

さて、オートランしないのは8の仕様によるものかと思われます。
http://miturin.anime-navi.net/windows8/windows8%E3%80%80自動再生が出来ない場合の対処方法

投稿: salir | 2013年11月23日 (土) 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/58628502

この記事へのトラックバック一覧です: windows8を手に入れたが…:

« 吉本佳生著『高校生からの経済データ入門』 | トップページ | 砂浜がもどっていた »