« ある老人の死 | トップページ | 韓国歴史ドラマの話…医者ばかり »

県教研理科分科会

 今日は,朝早くから,輪島市で「石川県教育研究集会」が行われました。わたしも,理科分科会に参加しました。
 最近,学校現場がとても忙しくなって,授業研究の交流に時間を取れなくなってきた気がします。それは,市町村レベルからしてそうなんです。
 わたしが教員になったころの分科会では,本当にいろいろな実践が交流されていて,とても刺激を受けた気がします。
131026 今日の分科会には,司会者も含めた20名中,5名がわたしたちのサークル関係者でした。これってすごいことです。だって,珠洲から金沢まで,選ばれてくるのが,その人たちなんですからね。いかに,他の人たちが,その日暮らしを強いられているのかが分かるというものです。
 右の写真は,セシウムの液体です。セシウムの融点は28℃なので,人肌で溶けちゃうんです。本物を見たのは初めてですが,これだけでも1万は超えるようです。あ,念のために言っておきますが,これは,放射性元素ではありません。安定したセシウムです。

|

« ある老人の死 | トップページ | 韓国歴史ドラマの話…医者ばかり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/58458774

この記事へのトラックバック一覧です: 県教研理科分科会:

« ある老人の死 | トップページ | 韓国歴史ドラマの話…医者ばかり »