« 平林浩著『仮説実験授業と障害児統合教育』 | トップページ | なぜ,「足を洗わないで」か »

子どもたちの笑顔に癒やされます

 いよいよ2学期が始まりました。
130902 子どもたちは元気に学校に来てくれました。欠席者はなし。
 久しぶりに会ったので,ホントなつかしい顔・(^O^)・(^_^)/~ 夏休みの宿題をしてなくても,あまり気になりません。なんか,元気で会えただけでよかったなあって思うのです。
 うちの校長も,職員朝礼で
「夏休みの宿題をやってこなかった子に対しては,その課題をやるまでお残りだ…とか引きずらないようにしてください。『その分,2学期がんばろうね』って言ってあげてください。」
なんてことを言っていました。若い人たちにとっては,これがあまり常識ではないんですよね。ついつい「できるまで,やらせる」というのが,教育的配慮だと思ったりします。

 イロイロナ子が,イロイロナ状況の下で暮らしている。その一部が学校生活なんだということを忘れてはいけませんね。でも,ついつい,みんなと同じように…とやってしまうのが,公立小中学校の姿なのです。注意しなければ…。
 写真は厳島神社の中から見た景色。今日のブログの内容とは全く関係はありません(^o^)

|

« 平林浩著『仮説実験授業と障害児統合教育』 | トップページ | なぜ,「足を洗わないで」か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/58118470

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちの笑顔に癒やされます:

« 平林浩著『仮説実験授業と障害児統合教育』 | トップページ | なぜ,「足を洗わないで」か »