« 中一夫編『板倉聖宣セレクション1 いま,民主主義とは』 | トップページ | 平林浩著『ガラスの目』 »

黒四ダムへも行ってきました(破砕帯を通過)

130805_01 黒四ダムへ行くには,富山県側から行くよりも,長野県大町市からのアクセスの方が大変便利です。トロールバスの扇沢駅までは,自家用車で行くことが出来ます。広い駐車場も完備されています。市街地からは30分くらいで到着します。
 そこから,トロリーバスに乗って,黒四の駅へと向かいます。トロリーバスに乗っている時間は,15分ほどです。130805_02トロリーバスは,ダム建設当時,資材運搬用に作られたトンネルの中を走って行くのですが,途中に,「破砕帯」と呼ばれる場所あります。破砕帯とは,地層の岩石が砕けていて地下水が大量に通っている場所のことで,この道(トンネル)を作るときに,最も苦労をした場所です。破砕帯の場所は,青色の電気で示されていました(写真は,帰りのバスの中から撮りました)。
 ここを通過しながら,「もういちど,プロジェクトXを見て見たいなあ」と思っていました。
 上の写真は展望台から撮影したダムの様子です。あいにくの曇り空だったのですが,かすかに虹も見えました。

|

« 中一夫編『板倉聖宣セレクション1 いま,民主主義とは』 | トップページ | 平林浩著『ガラスの目』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/57948988

この記事へのトラックバック一覧です: 黒四ダムへも行ってきました(破砕帯を通過):

« 中一夫編『板倉聖宣セレクション1 いま,民主主義とは』 | トップページ | 平林浩著『ガラスの目』 »