« 志水宏吉著『学力を育てる』 | トップページ | 歯磨き指導の授業 »

金銀花

 今日は,郡の理科部会がありました。内容は久しぶりのフィールドワーク。穴水の小学校のまわりの植物を観察しました。講師は,七尾在住の「能登の山を歩く会」の方。この方は,毎月1回は、能登の山を歩いているそうです。なんと20年間もです。すごいことです。
 講師の先生からは,たくさんのことを教えてもらいました。単なる「植物名」だけではなく,進化の話や生殖のこと,あるいは,種の特徴や,生きるために智恵,昆虫とのからみ,さらには,バクテリアとの共存など,メモなんて,しきれませんでした。
130605 いつものバックを忘れてきた私は,カメラももっていませんでした。
 そこで,サークル仲間のK氏にお願いして,数枚撮ってもらいました。
 そのうちの一枚が,これ。
 スイカズラの写真ですが,別名「金銀花」ともいうそうです。花の色が,白色から黄色に変化することから,その名前がついたようです。両方が一緒についている枝を見つけたので,写真を撮ってもらいました。
 「コトバンク」には,「金銀花」について,
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。スイカズラ科スイカズラの花を乾燥したもの。解熱、解毒、殺菌作用などがある。化膿(かのう)症、炎症などに効く托裏消毒飲(たくりしょうどくいん)や、かつて梅毒などに用いられた香川解毒剤などに含まれる。
という説明が書かれています。

|

« 志水宏吉著『学力を育てる』 | トップページ | 歯磨き指導の授業 »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/57533964

この記事へのトラックバック一覧です: 金銀花:

« 志水宏吉著『学力を育てる』 | トップページ | 歯磨き指導の授業 »