« 石の宝殿=生石神社 | トップページ | 播磨国総社 射楯兵主神社 »

姫路城の「天空の白鷺」

130504_01 高砂市から車で約20分。姫路城へ行ってきました。
 姫路城では,今,「平成の大修理」が行われていて,天守閣の全体像を見ることはできません。完全に建物に覆われているんです。
 じゃあ,なぜ,行ってきたのか…。それは,その覆われている様子を見たかったからです。
130504_02_2 天守閣を覆っているこの建物(天空の白鷺)は,8階建で,8階まで直通エレベーターがあります。そこから,なんと天守閣の修理の様子を間近でみることができるんです。
 「大天守の大屋根および最上層を外側から間近にご覧いただけます。」(パンフより)
 ここに入るのには,3日ほど前までに予約をしておいた方がいいです。私は,行こうと決めたのが前日でしたので,予約はできませんでした。それで,20分ほど待ちました。予約をしてあると,すぐに通してくれるようです。
 考えてみると,普通の時の姫路城はいつでも見れますが,こんな修理の時は,修理の時しか見れません。これは貴重な体験です。
 まさに「期間限定の特等席」(パンフより)からの眺めです。
 40分ほど見学して降りてきた頃には,2時間待ちになっていました。入場料200円という破格のお値段。私たちのように朝一で行くか,予約を取るか…で,一度,ご覧下さい。
 そうそう,平成26年度の大河ドラマは,黒田官兵衛に決まったそうです。大修理の完成に併せたんだと思います。
 なお,お城の近くに,好古園というお庭があります。平成に入って作られたあたらしいお庭ですが,なかなかいい感じの池泉回遊式の日本庭園です。お城との共通券も売っていますので,オススメです。

|

« 石の宝殿=生石神社 | トップページ | 播磨国総社 射楯兵主神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/57335652

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城の「天空の白鷺」:

« 石の宝殿=生石神社 | トップページ | 播磨国総社 射楯兵主神社 »