« トビゲラの幼虫だった | トップページ | なんでもないようなことが »

『いさごむしのよっ子ちゃん』という本

130417 トビゲラを調べているうちに,「いさごむし」という言葉を知り,さらに『いさごむしのよっ子ちゃん』という絵本が出版されていることを知りました。
 そこで,その絵本を手に入れて読んでみました。本書は,1973年発行で,とても古い本です。
 それにしても,いさご虫を主人公にして絵本を書くなんて,一体どんな人なんでしょうか。
 そう思って調べてみると,面白いサイトを見つけました。

 その名も「いさごむしのよっ子ちゃんをめぐる物語」というサイトがあって,この絵本がなぜできたのかを追求していたりします。
http://www.geocities.jp/isago_64/yokko/index.htm
 作者の早川さんは,大正3年生まれの方らしいです。子どもの頃にいさごむしとよく遊んだようです。

|

« トビゲラの幼虫だった | トップページ | なんでもないようなことが »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/57199892

この記事へのトラックバック一覧です: 『いさごむしのよっ子ちゃん』という本:

« トビゲラの幼虫だった | トップページ | なんでもないようなことが »