« 春祭りで木遣り唄 | トップページ | 久しぶりの百均(目的意識的に) »

お土産いっぱいの「珠洲たのサークル」

130420_2 今日は,月に1度のサークルの日。
 わたしは久しぶり担任をしたクラスの2週間の取り組みや出来事をレポートにまとめて持っていきました。
 メンバーの教え子で,採用2年目の新人や,今年採用になった若者も来てくれて,とても活発な会となりました。
 東京の「たのしい授業フェスティバル」に参加したメンバーからは,いろいろな新しい情報を教えてもらいました。また,関西の「たのしい授業フェスティバル」に参加したメンバーからは,二階堂さん(仮説実験授業の研究家,わたしの好きな方の一人)の近況を教えてもらいました。さらには,そこで手に入れた「東大寺の鐘」も体験しました。
 また,東京へ修学旅行の引率をしてきたときの体験や,フランスのルーブル美術館のお土産(新婚旅行なのだ!!)までいただいて,なんとも刺激的な会でした。
 子どもは大好きだけど,今の教育界の閉塞感や学力偏重に嫌気がさしているメンバー達は,ここでエネルギーを蓄えて,現場に戻るのでした。
 たのしい教材,教えたい教材,伝いたい文化があるのに,現場は,「1点あげろ!」ですから…いつになったらこの状況が変わるんでしょうかね。

|

« 春祭りで木遣り唄 | トップページ | 久しぶりの百均(目的意識的に) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/57212642

この記事へのトラックバック一覧です: お土産いっぱいの「珠洲たのサークル」:

« 春祭りで木遣り唄 | トップページ | 久しぶりの百均(目的意識的に) »