« 能登線のなごり(;_;) | トップページ | 剣玉の達人 »

強制される「仰げば尊し」?

 そろそろ卒業式シーズンです。学校では,在校生や卒業生の歌の練習の声が響いています。
 さて,卒業式に歌う歌。それぞれにいろんな思い出があると思います。
 卒業式用の歌も,数々紹介されていて,教科書にも載っています。

 しかし,今年,能登地方に,なにやら変な動きがあります。
 「卒業生には仰げば尊しを歌わせなさい」という一斉の指示をした所があるということです。なぜ急にこんなことを言い出したのか,よく分かりませんが,とにかく「歌わせろ」ということらしいです。

 わたしが勤めている学校の話ではありません。
 が,こんな話を聞く度に,「いったい,こういうことを強制してくる人たちって何を考えているだろう」とがっかりします。
 以前,「日の丸・君が代」の強制がいわれたことがあって,これは「国旗国歌法」が成立することで,現場からはだんだんと消えていきました。もちろん,強制が消えたというのではなく,強制するまでもなく,学校現場に入ってくるようになったということです。
 対面式という<卒業生が前に出て,在校生と対面式で行っていた式の>パターンも,旧来の形に戻されてきました。保護者としてみれば,ずっと,保護者や在校生の方を向いてくれているのがうれしいに決まっていると思うのですが…,どうもステージや日の丸におしりを向けるのは嫌らしいです。最近,子ども中心,国民中心の形から,何かが中心の形へと戻っている感じがしていました。

 そして,今回の「仰げば尊し」です。
 RCサクセションじゃないけど,「あきれて物も言えない」です。ま,こんなところで一応言っているけど…。全然,力はありませんけどね…。
 たかが歌,されど歌です。

|

« 能登線のなごり(;_;) | トップページ | 剣玉の達人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 日本教職員組合員の一人として,salirさんのご意見は,まことにごもっともだと思っています。

 多くの一班の人が,この団体に対して,なにか得体の知れないものを見るような感じで接しているようです。組合員自身も,何か組合員であることを普通に言えないような雰囲気もあります。隠しているというか,目立たないようにしているというか…。

 一応,ホウリツでは「教師の政治的な中立性は絶対」と言うことになっているので,「保護者に理解を求めると言う行為自体」が,それに触れそうでとても微妙なんです。
 たとえば,PTAの総会や学級懇談会などで,
「実は,教育委員会からこういうことを言われて私としては子どもにとって,こういうテンであまりよくは思っていないんです」「だから,むしろこうしたいんです」
なんて,言ったとたんに,「政治的中立を破った」ってことになったりするんです。不思議ですが、日本というのはそういう所です。
 だから,もし,自分たちの意見を表明できるとすれば,組合の大会や,教育委員会との交渉の場だったりするのですが,それは,一班の人たちには何も伝わらないんです。

 結局,なんでもかんでも「中立」といったおかげで,教員と保護者が本音で向き合うことができなくなってきているというのが,今の現状のような気がします。

 私も,現在進行形の直接の保護者には,教育政策についてはあまり意見は言いませんが(聞かれるといますけど),地域の人たちとは大いにつきあっているし,そのときには,自分の意見を言ったり,他の人の意見(これがけっこう貴重なんです)を聞いたりしています。

投稿: 管理人 | 2013年3月 9日 (土) 20:34

続きになりますが、その番組では、そのように進行しました。
と同時に、番組の司会者によるフロアディレクターに対する思いも語られました。
「これからの番組は、私たち司会者は切ります。気力がないまま見ていただきましょう」と。
そして、後半に「フロアディレクターがディレクターの犬になるのは見過ごせない」、
「だったらはじめから、サブ(副調整室)にいるディレクターかプロデューサーの指示を直接モニターで表示させたらよい」などと語られました。

私は、やはりこれは学校の先生方の対応次第だと思うのです。
例えば、日本教職員組合というのがよくやり玉に上がったりするのですが、
やはり、この組合がどのような役割を担い、子どもたちの成長にどう寄与するのか、
一般の保護者も有権者もサッパリわからないんですね。
「いやいや、教育の自由を保護する団体なんだ」というなら、非常に共感が得られるかと思うのですが、
イマイチ、わからず、そんななかで「汚職があった」と報じられると、ほとんどの先生はまともでも、
いったい、この組織・組織に従事する先生方は何をしていらっしゃるのだろう?となるのが一般感覚で。

お上が一度決めても、保護者・地域の方に現状を報告し、丁寧に説明すれば、許されるものだと思うのですが…。

投稿: salir | 2013年3月 9日 (土) 15:06

なるほど,そんな実験もあったのですか。それで,その番組はどうなったのですか?

教育現場というのは,変なところです。
例外をなかなか認めないので,一度決まったら,しっかりできるまで何度でも練習します。
練習時間が増えても仕方ない。本番にいいところを見せる…という感じです。
強制されたことに文句を言いながらも,中途半端な歌の状態のまま人様に見てもらうということは,やらない人がほとんどだと思います。

だからこそ,教育現場への強制は「こわい」のだし,そういう教育の成果を知っている人たちは,自分たちの意見を教育現場に下ろそうとするのでしょう。
教師は思っている以上に,命令や決まったことには忠実に従い,子どもたちに強制していきます。
以前の厳しかった校則なんか見れば,一目瞭然ですよね。ものさしもって,スカートの丈を測ったり…。

だから,たかが「仰げば尊し」,されど「仰げば尊し」なのです。

投稿: 管理人 | 2013年3月 9日 (土) 06:19

以前、とあるテレビ番組において、いわゆる「プロデューサー」や「ディレクター(監督)」が乗る気でも、司会者やキャスターが無気力な場合はどのようになるか、という試み、というか巻きを入れたフロアディレクターにキレた司会者が、「では、生放送中、司会者にとってやる気のない企画を推し、そうではない企画は短縮されるのは、どういうものかやってみよう」ということが行われました。

学校でいうと、プロデューサーやディレクターが教育委員会、フロアディレクターが学校長、司会が先生、といったところでしょうか。

もちろんワンマンショーでは子どもたちが戸惑いますから、ある程度保護者や地域の方に理解を得て、現場が乗る気ではないものを強制するとどうなるか、という姿勢をお上の方々に見せるのもひとつ意義があるのではないでしょうか。

どっち道子どもたちにとっては強制される時間でしかないので、それはそれで良いのではないか、と思います。

投稿: salir | 2013年3月 8日 (金) 10:46

 子どもたちにとっては,どっちみち強制なんですよね。そもそも歌いたくない子だっているかも知れませんから。多数決で決めようが,担任の先生で決めようが,強制であることには代わりありません。
 教育そのものが強制なんですから。
 ここで言っているのは,さらに,その上に,先生や学校などで話し合って決めてもいいようなことにまで口出しするなっていうことです。
「子どもたちが歌いたいなら,今までの曲も歌ってもいいけど,仰げば…も歌え」
とも言ったといいます。
 以前は,校歌と別れの歌だけだったのに,そうなると,校歌・君が代・仰げば尊し・別れの歌と4曲歌うことになります。在校生の歌も含めると5曲。
 当然,その分の練習時間も必要になって…。

投稿: 管理人 | 2013年3月 8日 (金) 06:47

客観的に事実を見ている以上、これは本来の趣旨とは違っているかもしれない、という疑いの目もある意味必要かもしれません。

「強制される」という概念は一体誰がもったのか?ということも、少し考察すると面白いと思います。
私は学生時代、大抵、リーダー的な存在の子が選曲して決まるか、先生が選曲し歌うというパターンがほぼ全てと言って良いという感じです。多数決も何度かやった記憶もありますが、これは結局は便宜上で、単なる形式に過ぎず、「この曲がなぜ良いのか・ふさわしいのか」などというのは、サッパリわかりません。
結局のところ、先生か多数というなんの根拠なのかさっぱりわからないものに強制されていた・単に従っていた、とも言えるわけです。


国旗・国歌というのは、伝統・文化・規範意識などもあり、あらゆる式典などで掲揚されまた、歌われるものなので、学校単位で歌われる校歌や、児童・生徒たちによって歌われる合唱とはやや性質が違うものと思いますが。。。

投稿: salir | 2013年3月 7日 (木) 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56894497

この記事へのトラックバック一覧です: 強制される「仰げば尊し」?:

« 能登線のなごり(;_;) | トップページ | 剣玉の達人 »