« 伴奏だけが流れた「仰げば尊し」 | トップページ | 高砂市宝殿駅前 »

能州から播州へ

130326 娘の引っ越しのために,兵庫県へと向かいました。
 自家用車で京都から西の方に行ったのは,これまでにも数回しかありません。引っ越し先は,加古川(というか,そのとなりの高砂市)。全く行ったこともない場所です。
 加古川で降りて一般道を走っていると,「播州信用金庫」という建物が目に入りました。播州と言えば,赤穂浪士じゃないか…忠臣蔵ですね。聞いたことある…が,実際に見たのは初めて…ここらあたりは,播州と呼ばれているのだろうか…
 Harima_province_rough_map
 「能登地方」のことを「能州」というように,「播州」も「播磨地方」のことです。それくらいの知識はありましたが,このあたりがまさにその地区なのかは不明。そこで,帰ってきてからネットで調べると,Wikipediaには,右のような地図が載っていました。
 なるほど,播磨は,今の明石市から赤穂市あたりまでの地名のようです。
 能州から播州へ引っ越しか。ちなみに播磨国分寺跡は,姫路市にあったようです。
 

|

« 伴奏だけが流れた「仰げば尊し」 | トップページ | 高砂市宝殿駅前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/57079367

この記事へのトラックバック一覧です: 能州から播州へ:

« 伴奏だけが流れた「仰げば尊し」 | トップページ | 高砂市宝殿駅前 »